MENU

坂東市・常総市・境町・守谷市・つくば市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ

克栄 KOKUEIの現場ブログ 記事一覧

外壁塗装を安くする方法と悪徳業者に騙されないための知識 常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は外壁塗装を安くする方法と悪徳業者に騙されないための知識について一緒に見ていきましょう。 1.外壁塗装を安くする方法 チラシや新聞広告でキャンペーン情報をキャッチ 期間限定のキャンペーンなど行われていることが多いです。チラシで気になる情報がある場合はストックしておいて、相見積もりをする際に役立ちます外壁塗装をお得にしたいと思われましたら、新聞広告やチラシなどをまずは確認してください。うまくタイミングが合えば、お得な情報を得られる可能性が高いです。 見積りは複数の業者に依頼した方が安くなる チラシなどで気になる業者があったとしても、相見積もりを取るようにしてください。本当に信頼できる業者であれば相見積もりは必要ない場合もありますが、できれば2~3社の業者に依頼するようにしましょう。なぜならば、一つの見積りだけでは費用の妥当性が判断できないからです。いくら、おおよその費用相場が分かっていても、お家の劣化状況などで費用は変動します。相見積もりを行い、業者の見積額や工事内容を比較することは妥当な費用を確認することで重要な作業になります。 過剰なサービスが含まれていないか見積りをチェック 見積書を確認すると、塗料はどのようなものを使用しているかやその部分を塗装するかが記載されています。見積書に記載されている内容がわかると高級すぎる塗料を使用していたり、ご希望の部分以外の工事が含まれていたりすること分かります。その際に詳細が書かれていない見積書には御注意ください価格を抑えるためには必要のないところにお金をかけないということも重要です。そして、見積書が必要か不必要かを見極めるにに大切なツールになります。ざっくりとしか見積書に工事内容が記載されていない場合は必ず業者に説明してもらいましょう。 大手業者よりも地元の塗装店の方がおすすめな点が多い 塗装工事をご検討されている場合は地域密着の塗装専門店を選ばれる方が専門性や費用、その地域の特性を把握していますのでおすすめです。 大手のリフォーム会社やハウスメーカーなどは塗装工事を自社で行わずに下請けに任せていることがほとんどで塗装工事をご検討されている場合は地域密着の塗装専門店を選ばれる方が専門性や費用、その地域の特性を把握していますのでおすすめです。す。実際にどれくらいの費用がかかるのか見積りを取らないとわかりませんが、地元の塗装専門店の方が圧倒的に大手のリフォーム会社やハウスメーカーよりも価格が抑えられます。中間マージンいう費用が含まれるため、地域密着の塗装専門店より割高になります。また、塗料や塗装工事をパッケージ化していることから、細かな融通が利かないため、工事費用が高くなってしまいます。 補足情報 ご自身で行う掃除が外壁塗装費を下げる外壁塗装費を抑えるためにご自身でできることがあります。それは外壁の掃除になります。外壁の汚れをそのままにしておくと劣化のスピードが早くなってしまいます。外壁塗装を掃除する頻度としては年1~2回が目安になります。つまり、日ごろから汚れをこまめに落としていれば、外壁の劣化を少しでも抑えることができます。劣化を少しでも抑えれば、外壁塗装を行う周期が伸びて回数を少なくすることも可能になります。結果的に長いスパンで考えた時に外壁塗装にかかる費用が抑えられます。   外壁塗装と屋根塗装は同時にした方がお得塗装メンテナンス費用を抑える方法としては外壁と一緒に屋根も塗装してしまった方がお得です。外壁も屋根も塗装する際は足場が必要になり、足場に違いがないためです。つまり、外壁と屋根を一緒に塗装すると同じ足場で工事が可能になります。なぜならば、外壁を塗装する時も屋根を塗装する時も足場が必要です。定期的なメンテナンスは外壁も屋根も必要なので外壁塗装をする際には一緒に屋根塗装も検討してはいかがでしょうか。  外壁塗装で火災保険が適用されるケース保険によっても適用条件は違いますので、保険内容を確認が必要ですが、一般的に保証される内容には火災以外にも自然災害や風災などが含まれています。火災保険に加入している場合、屋根や外壁を含むお家全体の補償が受けられる場合があります。外壁塗装をする際には火災保険に加入している場合はどのような条件で保険がおりるのか等を確認しておくことをおすすめします。この火災保険の具体的な内容を把握されていない方がほとんどです。この火災保険はご自身から申請しない限り、補償は受けられません。 2.悪徳業者に騙されない外壁塗装費の知識   外壁塗装の価格は激安にならない 外壁塗装は一定の価格で販売されている類の品ではありません。一軒一軒のお家によって劣化状況が違いますし、お客様の要望によっても内容が異なるため見積金額が異なります。外壁塗装をご検討される際に把握して頂きたい点に、外壁塗装は極端な大幅値引きができない点です。よくよく考えれば当たり前のことですが、家ごとに見積もった金額から、さらに大幅な値引きは不可能です。また、塗料の在庫処分などのキャンペーンなどではお値引きできる期間はありますが、通常の期間では不可能です。企業努力によってもちろん値引きは可能ですが、あらかじめ決まった価格で販売されている商品のように〇〇円OFFのような値引きはできないことがほとんどです。見積り額が他社よりも極端に安い場合はなんで見積り額りが激安なのかを必ず業者に確認してください。見積金額が安いと契約してしまいそうになりますが、安さだけを売りにしている業者には注意が必要です。 企業努力で見積金額が安くなるのは良いのですが、手抜き工事の内容か品質の結果である可能性も捨てきれません。 後から追加料金が発生することもある 塗装工事は場合によっては追加工事が必要になることもありますが、騙そうと最初からしていたのか、後から本当に工事が必要になったのか難しい部分もあります。最初に安い見積り額を提示して契約しておいて、いざ工事が始まってから次々と追加工事を行い、追加料金を請求してくる業者が残念ながら存在します。まず、契約する前に追加工事のリスクがあるのかどうかを確認しておいてください。その際、発生する可能性がある場合にはあ、いくらぐらいかかるのかもしっかり聞いておくと安心です。  

2021.05.24(Mon)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

外壁塗装一括見積りのメリットとデメリット 常総市の外壁塗装専門の克栄

常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は外壁塗装の一括見積りのメリットデメリットを一緒に見ていきましょう。現在、インターネットで外壁塗装業者の相見積を行うサイトが増えてきています。その中でそういったサービスを行っている会社はどのようにサービスを行っているのかや、一括見積を行う際の良い点や良くない点など見ていけたらと思います。   外壁塗装の一括見積りとは? 外壁塗装の一括見積りとはどういったものなのか簡単に言いますと、サービス会社に登録している塗装業者が複数社相見積りを行うシステムになります。 ・外壁塗装 ・屋根塗装 ・外壁リフォーム(サイディングの張替え・重ね貼り)・屋根修理(瓦交換、雨樋修理、漆喰修理、棟板金など) 全国に数十万外壁塗装の塗装業者は存在し、ご自身が暮らす地域だけで数十から数百いるので、どの業者を選んだらいいか分からないという不安を解決できます。外壁塗装とはいったものの、基本的にリフォームや屋根の修理なども外壁塗装業者はできます。横のつながりもありますので建物の工事であればほとんど依頼は可能になります。それでは、外壁塗装の一括見積りサービスのメリットやデメリットを一緒に見ていこうと思います。 外壁塗装の一括見積りを使う理由   外壁塗装の情報などインターネットで探せば簡単に情報が手に入る時代ですが、それでもインターネットには載っていない情報が外壁塗装を行うためには必要です。それでは、初めに外壁塗装の一括見積りを使う理由についてです外壁塗装に関しましては一般的な情報だけではなく、もっと奥の深いインターネットで出てこない情報が必要となります。また、一括見積サービスの利点としては多くの塗装業者と提携しているので、お客様からの問い合わせに対して俊敏な対応が取れるところです。 【一括見積りサービスの強みについて】 他社の良くない話が回ってくることがありますので、コミュニケーションを塗装業者と取っている外壁塗装の一括見積りサービスの場合、良くない業者の情報が入ってきます。塗装業者は同業者の繋がりを多く持っているので、他社の良くない情報が入ってきます。ネットワークが広い一括見積りサービスを展開している会社は多くの塗装業者の繋がりがあり、良くない業者の情報も数多く持っています。 【外壁塗装一括見積りサービス全てが優秀ではない】 お客様や塗装業者のことを本当に考える一括見積りサービスのみこそが多くの情報を持っています。全ての一括見積りサービスが先ほどのように情報を持っているわけではありません。また、なかには利益のみを考えている外壁塗装一括見積りサービスを展開している会社もありますので、次に一括見積りの良い点良くない点を確認していきましょう。 【外壁塗装一括見積りの良い点良くない点】 (良い点)・自分で探す手間が省けてすぐに業者を紹介してもらえる ・複数業者の見積りを比較できる ・自分では知りえない業者の情報を知ることができる(悪い点)・たくさんの業者を紹介されてしまう ・塗装知識レベルが一括見積りサービスの担当者によって差がある ・悪徳業者が潜んでいる場合がある 【塗装業者ってどんな人なのか】  外壁の塗装業者とはどんな人のことをいうのか。・ハウスメーカー・工務店・塗装工事の専門業者 このように業者は大きく分ければ3つになります。外壁塗装工事は専門性が高いので大手業者やハウスメーカーは塗装工事の専門性を持っていないことが多く、下請けの塗装工事の専門業者へ発注して塗装工事を行ってもらうことが基本になります。中間マージンと呼ばれる仲介料が発生しますので見積り金額も高くなってしまいます。こういった中間マージンを発生させないために最初から塗装工事の専門業者へ依頼すれば良いので、このような一括見積りを行う業者紹介の会社がサービスを行います。また、お近くに地域密着で実績がある塗装専門店がある場合は一括見積りサービスに依頼せず直接、問い合わせる方法もありますので、よくわからない業者が訪問するのが嫌な場合はそちらを選択してください。 外壁塗装一括見積りサービスの登録業者はどうやって選ばれるのか 外壁塗装一括見積りサービスの最大の特徴としては外壁や屋根塗装を行える業者と多く提携している部分です。ですが、一括見積りを行う会社と提携している塗装業者の関係はどうやって生まれているかです。下記に説明します。 【外壁塗装業者の選ばれ方】 ・登録料を支払えばどんな塗装業者も登録できる ・何十個も審査基準を満たした塗装業者のみが登録できる ・登録依頼があれば審査なしで簡単に登録できる上記の3点が外壁塗装の一括見積りサービスの登録方法になります。 <登録依頼があれば審査なしで簡単に登録できる> 登録審査や登録料がありませんので、どんな業者でも登録ができます。どんな業者でも登録可能ですので、悪徳な業者も混じっている可能性があります。 <登録料を払えばどんな塗装業者も登録できる> お客様のご紹介を一括見積りサービスで受けるために、最初に登録料の支払いや毎月の登録料を支払い塗装業者を集めます。このやり方は塗装業者に対してお客様のご紹介を行える自信がないとできません。 <何十個も審査基準を満たした塗装業者のみが登録できる> 基準のクリアが必須ですので、優良な塗装業者が多いのが特徴です。登録に必要な審査基準を何十個もクリアして、やっと登録できます。なかには、わずか〇〇%という見せ方をしている一括見積りサービスもありますが、実際には登録検査なんてせずに、どんな業者でも登録できるところもあるので注意が必要です。一番良いのが、お住いの地域に長年根付いている塗装専門店にご自身が行かれて、外壁塗装の様々なことをご自身で聞かれることが、外壁塗装を行う際に一番良い方法です。

2021.05.23(Sun)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【WEB限定】足場代半額キャンペーン!!

みなさん、こんにちは! 坂東市・常総市の外壁・屋根塗装専門店の株式会社克栄(KOKUEI)です。 茨城県を中心に、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、雨漏り補修などを手掛けております。 株式会社克栄(KOKUEI)では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社を目指しサービスを展開しております。 株式会社克栄(KOKUEI)のホームページにお越しいただきありがとうございます! 弊社は坂東市・常総市で地域密着の外壁・屋根塗装専門店として、地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。 そこで今回は、地域の方々に少しでも寄り添いたいという想いから 家計応援セールと題しまして【足場代半額キャンペーン】を実施いたします! どんな些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にご相談、お問い合わせください! お問い合わせはこちらから!!   家計応援セール!!【足場半額キャンペーン!!】※先着10棟まで※以下に該当する方に限ります。 ・お見積り 税別110万円以上 ・8月8日までのお問合せに限ります。 ・お問合せいただきました際に『ホームページ見たよ!』と忘れず伝えてください。 お問合せお待ちしております!!    

2021.05.22(Sat)

詳しくはこちら

外壁塗装中の換気について 坂東市、常総市の外壁塗装専門克栄

坂東市,常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は外壁塗装中の換気について一緒に見ていきましょう。 1.塗装工事中は換気が行いにくくなる これから外壁塗装工事で換気ができない日や内容を一緒に見ていきましょう。塗装工事中は窓を開けることや換気扇を回すといったお家の換気が制限される日があります。 足場で建物全体が囲まれてしまう 外壁塗装工事では最初に足場の設置を建物の周りに行います。メッシュ状になっている養生シートは風をある程度通しますので、完全に建物が密封されませんが、見た目にも体感的にもやや息苦しさを感じてしまう場合があります。足場を屋根の高さまで組み立てた後、足場の周りを養生シートで囲み高圧洗浄の泥水や塗料の飛沫しないようにします。 養生シートで窓が開けられない日がある 塗装時に塗らない場所に養生していきます。養生作業は塗装作業に入る前に行われる工程になります。玄関ドアや窓ガラス、窓サッシの枠や室外機など塗料のはみ出しや垂れが発生した際に塗料が付着しないように全てマスキングテープやビニールシートなどで養生します。塗装作業中に貼られている養生は剥がせないので、窓を開けて空気を入れ替えたり、外に出たりする行動が制限されますので、不便に感じることがあるかもしれません。 【塗装作業短くても3日間は必要】 塗装1工程ごとに乾燥時間をしっかり行うことによって、丈夫な3層の塗膜が作られます。塗装作業は下塗り・中塗り・上塗りをそれぞれ1日ずつかけて行います。最短で3日間、塗装作業が行われますがその際は養生を外せませんので、お家の換気がしにくくなります。 2.外壁塗装工事で換気しにくくなる前に試しておくこと 工事を行う前に換気に不安に感じることなどある場合は塗装業者などに相談しましょう。外壁塗装工事期間中に足場や養生シートで建物全体が覆われているといっても、完全に外から建物が遮断されてしまうわけではありません。 水性塗料を選んで臭いを抑える 外壁塗装を行うにあたり、最も気になるのが塗料の臭いではないでしょうか。現在は外壁・屋根塗装用の塗料でも臭いの少ない水性塗料タイプがありますので、シンナーの臭いが苦手な人や臭いに敏感な人は水性塗料を選ぶことをおすすめします。 【同じ塗料でもタイプの違いがある】同じ塗料でも使用方法によってはいくつかタイプに分かれます。大きな分類としては釈材の違いです。稀釈材で塗料を分類すると、水性塗料、油性塗料に分かれます。溶剤塗料とは希釈液にシンナーを使用しますので臭いはきついですが、塗料の密着性や耐久性が高いので部分的に使用される場合があります。水性塗料とは水で希釈を行いますので塗料のにおいのみでにおいも少ないです。また、弱溶剤塗料というものがあり、耐久性がやや低いシンナーを使用しています。 3.換気対策に協力的な業者を選ぼう 誰しも息苦しい思いをしながら過ごしたくないものです。塗装工事を行ううえ換気しにくくなるのは避けては通れない問題でした。 換気がしやすい養生をしてくれる業者 換気が行えない原因はエアコンの室外機や窓枠サッシなどが養生で塞がれているからです。そのため、場合によってですが塗装業者の中には開け閉めが可能にできる方法で養生を行ってくれるところがあります。 入念に工事スケジュールを打合せしてくれる業者 工事工程を施主様のご都合に合わせて考える優良業者は塗装工事で換気ができない期間についても一緒に考えてくれます。窓が開けられない日はいつなのか、洗濯物が干せないのはいつなのかなどの生活していて感じる細かい不便にも配慮してくれます。

2021.05.22(Sat)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

外壁塗装後の塗り残しについて常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は外壁塗装後の塗り残しについて一緒に見ていきましょう。 1.塗り残しがあった場合どうなるのか 塗り残しの原因のほとんどが施工ミスになります。塗り残しとは塗装が必要な部分が塗装できておらず、 そのままの状態になっているのが塗り残しになります。 塗り残しの部分が保護されない 基本的には塗装を行う前に塗料の密着力を向上させるため、塗装を行う外壁や屋根の表面の異物(汚れやカビコケなど)は前工程の高圧洗浄や下地処理で全て取り除かれます。表面上の汚れだけではなく、外壁に残っている旧塗膜も新しく塗る塗料の密着力を悪くするので、他の異物と同じように除去されて旧塗膜は塗装後にはほぼなくなります。塗り残しがある場合の注意点は屋根や外壁の状態が塗装前よりも耐久性にダメージ出るからです。 建物の美観性に影響が出る 酷い塗り残しになると下地の色が透け透けの色ムラの状態になってしまいますのでで早急に再塗装を行う必要があります。塗りにくい細かな場所に塗り残しがあると非常に目立ちます。 2.なぜ塗り残しが発生するのか 塗り残しが発生することはありますが、何度も塗装業者が工事後に確認を行うので、外壁の塗り残しがある状態で終了することはありえません。職人が手作業で外壁塗装を行いますので人的ミスが発生する可能性も0%ではありません。 塗り残しが発生する原因について 塗り残しは単純なミスで発生することもあれば、施工環境によっても発生します。 ①塗装職人の不注意外壁一面丸々塗り忘れ極端なものはありませんが、ローラーから刷毛に変更して作業を行う部分や溝や目地などの細かい部分は塗り残しが発生しやすいところです。最も多い塗り残しの原因は施工箇所を職人が失念していたいというものです。塗り忘れがでないようにテープなどで目印をつけることや塗装が終わるまで養生テープを剥がさない、進捗を何度も確認しながら作業を行う、先に塗り忘れそうな部分を塗装しておくなど工夫をして塗り残しを防ぎます。このような工夫は塗装用語でダメ込みと言います。 ②外部環境の影響などで長引いてしまい作業内容を忘れてしまった梅雨時は特に工事が雨で中断しやすいため、工事が長期間行えない場合もあります。そのため、工事が再開した時に施工をどこまで行ったかわからなくなり、それが原因で塗り残しが発生することがあります。雨が続いたり湿気や雪などの影響により、塗装工事は野外で行うため工事予定が気象条件によって大きく左右されます。 塗り残しを防ぐ方法 塗装作業中は業者から工事の報告をこまめにしてもらって進捗を確認し、工事完了前に施工管理者のチェックなど行ってもらったうえで一緒に確認できる部分は確認することをおすすめします。 ①工事完了検査を実施する業者に頼む施工立ち合いの完了検査は第三者的な立場の施工管理が行うほうが良いです。多くの業者が塗装工事終了後、施工立ち合いの完了検査を行いますが、その時に塗り残しなどの施工ミスが行われていた時はやり直しを行ってもらえるので、立ち会いに必ず参加してください。そのため、職人とは別に施工管理がいる塗装専門店などがおすすめです。 ②密に工事内容を報告してくれる業者を選ぶ優良業者と言われるところは工事開始前と作業終了後に毎日作業項目のチェックシートや施主様への報告内容をまとめた作業日誌などを作成して、作業内容や進捗状況をこまめに報告してくれるところなどもあります。塗装工事が始まってから施主様との関わり方は塗装業者ごとに違いますが、塗装業者から施主様に工事内容をこまめに報告し、施主様に対して情報共有を密にしてくれる塗装業者が良いと思います。外壁塗装は基本的に施主様が留守の間も行われますので、しっかりと報連相を行ったり報告ツールを準備する塗装業者を選ぶことで工事品質を向上させることができます。

2021.05.21(Fri)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

外壁塗装の安すぎる見積りは要注意常総市の外壁塗装専門克栄

常総市のみなさんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は外壁塗装の安すぎる見積りについてです。 1.外壁塗装で安いだけの見積りは危険 見積りの注意点1 塗料を薄める外壁塗装を安くするために一番やりやすい方法として塗料を薄めることがあげられます。安さだけを重視してしまうとこのように塗装が薄くなり、仕上がっても色ムラや塗装を行ってもすぐに色あせする原因になります。塗料を薄めるということは絵の具と同じように色が薄くなるということになります。塗料はそのままでは使えないものがあるので希釈を行いますが、メーカーが定めた基準よりも薄めることで塗装費用を抑えることができます。基準塗布量ですが各塗料メーカーが指定している1㎡あたりで使用する塗料の量です。優良業者であればお家の㎡数と必要な塗料缶の㎡数をきっちり出してくれます。しかし、薄め過ぎた結果、色ムラや色あせがすぐに発生する外壁塗装になってしまいます。安い見積りを塗装業者から出された場合、1缶でどれくらいの範囲が塗れるのか確認してみてください。見積りの注意点2人件費削減技術力が高くベテランの職人になるとそれなりの人件費を支払わなければいけません。人件費を浮かすためにベテランの塗装職人を入れずに塗装を行った結果、外壁塗装が失敗になってしまったということも起こるかもしれません。安い見積りを出されたらベテランの職人が入るのか事前に塗装業者にご確認ください。人件費を削減するためにはベテランの職人を入れずに経験の浅い若手の職人で外壁塗装を行う必要があります。安い見積りを出されたらベテランの職人が入るのか事前に塗装業者にご確認ください。 見積りの注意点3工期を短くする費用を抑るためには工事日数を短くする必要があります。塗装の工期が長くなると移動代や人件費などがかかってきます。安い見積りを出されたら工事工程表などを提出するよう塗装業者に依頼してください。優良業者は事前に工事工程表を見せて説明してくれます。無理に短納期で工事を行うと塗装した際の乾燥時間が必要ですが、乾燥しないまま次の塗装を行うと頑丈な塗膜が形成できないので外壁塗装が失敗に終わってしまいます。塗料の乾燥を十分させるには約1日かかるため、最低でも3日分は下塗り・中塗り・上塗りで必要になります。工事日程で乾燥時間がしっかり含まれているかなど塗装業者に確認しましょう。 見積りの注意点4不安定な足場塗装業者にとって足場の質は非常に大切です。足場設置にかかる費用は一般的なお家で約15~20万円が相場になります。足場設置費用が安すぎる場合、足場がなぜ、こんなに安いのか確認する必要があります。しかし、質の悪い不安定な足場を設置することで足場代を削減します。そのせいで作業中に事故が起きてしまう可能性もあります。 見積りの注意点5下請け業者に発注人件費のカットには別の方法もあります。もっと人件費を安くする方法は塗装を外注業者に依頼して塗装してもらう方が安くなります。外注業者は決して高くない単価で工事を行うため、利益を出そうと可能な限り時間をかけずに塗装工事を終わらせようとします。この関係が悪循環となり、質の良い塗装が行えなくなります。こうならないため、塗装業者に塗装する職人は自社の社員なのか事前に確認しておいてください。   2.見積りが安い理由は必ずある 外壁塗装で極端に安い見積りには必ず理由があります。 ・塗料を薄める ・人件費削減 ・下請け業者に発注 ・不安定な足場 ・工期を短くするその他、外壁塗装を安くする方法はいくつかあります。多くの塗装業者はお客さんのご要望に応えるため必死に考えて良いご提案を行います。価格の根切りをあまり行うと塗装業者へ負担をかけてしまい、質の良い塗装工事ができなくなるのでご注意ください。業者によっては価格の安さをアピールして平然と上記のような手抜き工事を行っている塗装業者も存在しますが、決してすべての塗装業者がこのようなことを行っているのではありません。地元に根付いている地域密着の優良業者ですと不正がなく適正価格で見積りを行ってくれるところが多いです。安い見積り価格に騙されないためにも地域密着の優良業者を選ぶようにしましょう。  

2021.05.19(Wed)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

外壁塗装の面積効果と錯視について常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は外壁塗装においての面積効果について一緒に見ていきましょう。 1.面積効果とは 外壁塗装後によくあるのがイメージの色よりも実際の色が薄く見えたり、違う色に見えたりすることがあります。面積効果とは外壁工事で知っておくべきことになります。近くで見るのと遠くで見るのとでも色の印象が変わります。また、太陽の光に当たった時の色と空が暗い時に見た外壁の色とでは同じ色でも違う色に見える錯覚が起きます。人の目で見た時の色の錯覚によるものですが、面積効果について具体的に見ていきましょう。明るい色の場合、小さな面積で見た時と比べて大きな面積になりますと色がより明るく見えるようになるという現象です。暗い色の場合、小さい面積で色を見た時と比較した場合、面積が大きくなると暗さがより増したように見えます。逆に色味に関しても明るい色の場合、小さい面積で見た時よりも少し濃く感じるのが特徴になります。明るさや色味などの変化が起こるだけでなく、色のイメージも変わってしまう現象が面積効果の特徴になります。 彩度に関してもさらに暗くなったような錯覚が生じます。 2.外壁塗装の色選び 錯視の種類とタイプ 色の錯視を起こすのも面積効果によるものです。しかし、私たち人間に錯視を覚えさせるのは面積効果だけの問題だけではありません。次に主な錯視の種類とタイプを見ていきましょう。 明度対比 隣接する色によって同じ色が明るく見えたり、暗く見えたりする現象を明度対比と言います。近年は1階と2階を違う色で塗り分けるツートンカラーにする方が増えています。ツートンカラーで外壁塗装を希望する場合は明度対比のことを特に意識しておいてください。 例えば背景色は黒、背景色は白を用意して、真ん中に同じ大きさの緑の四角の図形を用意します。すると黒(暗い)の背景色の方が真ん中にある四角の緑の明るさ(明度)が強調されているように見えす。逆に白(明るい)の背景色は真ん中の四角の緑の色合いが暗いように見えます。色が隣り合うことによって色の明るさが変化する現象を明度対比と言います。ツートンでは片方に落ち着いた色が隣り合う部分に明るめの色をいれたい時はワントーン暗めの色を選ぶのが良いです。逆に片方に落ち着いた色で隣り合う部分に暗めの色を入れたい時はワントーン明るめの色を選ぶのが良いです。 色相対比 1つの色が背景の色に影響を受け、本来の色と違ったように見えることを色相対比といいます。元となる色は背景色の心理補色が現れることになります。ある色をじっと見つめた後に別のところを見ると一瞬残像として見える色のこと心理補色と言います。外壁材を積み重ねたり、張り合わせたりするときの継ぎ目部分の色を選ぶときに考慮する部分といえます。 彩度対比 そして彩度が違う色が影響しあうことにより色の鮮やかさが変化して見える現象が彩度対比と言います。色の鮮やかさの度合いのことを彩度と言います。なので背景よりも彩度が高い色を選択することにより色合いが鮮やかになります。色の彩度をこだわる場合は近隣や背景の建物の彩度などを確認してみるのも良いと思います。

2021.05.18(Tue)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

タイルの外壁について 常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。 今回はタイルの外壁のメンテナンスについて一緒に見ていきましょう。 1.メンテナンスフリーではないタイル外壁 タイル材は経年劣化が発生しにく外壁材ですが、ノーメンテナンスで永遠に耐久性が保てるわけではありません。補修や修繕などを行う必要がないことをメンテナンスフリーと言います。 経年劣化が起きにくい無機質のタイル メンテナンスを定期的に行うことでモルタルとタイルが壁にくっいていれば、汚れを高圧洗浄などの水洗いで落とすことが可能です。無機質ですが何かと言うとガラスや石など自然から採取できる天然素材です。一方、樹脂やプラスチックなどは化学でしか作れないものを有機物と言います。有機質と無機質 端的に言うと無機質がタイルです。  無機物は基本的に紫外線や雨水に長期間化晒されても劣化しにくいのが特徴です。 経年劣化で色褪せや強度の低下などは多少発生しますが、他の有機質の外壁材と比較したときに長時間耐久性を保ちます。 タイル壁のメンテナンス 無機質のタイル材は耐熱性や耐久性も高く、耐候性に優れており吸水性が低いというのが大きなメリットです。 クリヤー塗料を使った保護塗装もある 基本的に紫外線で劣化しないレンガやタイル材は塗装が必要ありません。 屋根材にも磁器質の日本瓦などは保護塗料を必要としません。 タイルを通常の色付き塗料で塗装しても効果がでません。 手作業で壁にモルタルなどを接着させる必要があります。 逆に塗料の色がついてしまいタイルの質感が失われるだけになってしまいます。 ですが、無色のクリヤー塗料を使用することで撥水または艶出し目的で使用することができます。 ですが、タイル外壁に割れなどがあった場合、そのままクリヤー塗装をしても割れは消えません。 2.タイル外壁の劣化 劣化はモルタル内部から発生する 下地のモルタルそのものが劣化することで建物の構造体にまで劣化します。高い所に貼ってあるタイルが落下してしまうと通行人やご家族に当たって事故を起こしかねません。 高所は特に普段から目視で確認しにくいので、定期的に高所にあるタイルの点検を行う必要があります。モルタルにタイルが接着しなくなる 外壁にしっかり接着しているタイルはほぼ傷ついたり欠けることはありません。 ですが、タイルが接着不良を起こし放置してしまうことでモルタルから剥がれて落下する危険性があります。  素人ではモルタルの劣化は判断できないので、専門家を呼んで外壁の状態を見極めてもらうことが大切です。 内部からモルタルが剥がれる 現象が発生することもあります。 モルタルが欠損すると耐久性が全くありませんので、紫外線や雨水に晒されることにより建物自体にダメージを与え続けることになってしまいます。 伸縮目地のコーキング劣化 この目地部分のコーキングは紫外線などに弱く劣化しやすいため、塗装より劣化が早く5~8年で点検が必要になります。伸縮目地材のコーキングを劣化した状態で放置すると自然災害などが発生したときにタイル材の広範囲に衝撃が加わるので、補修を早めに行わなければ建物の耐久性が低下します。タイルは伸縮目地と呼ばれる外壁に発生する衝撃を吸収するための目地があり、コーキングがそこに充填されています。 タイル壁はサイディングと比べてタイルとタイルの隙間の目地が広く、色も違う箇所があります。 伸縮目地はその部分になります。  3.メンテナンス方法 タイルの浮き タイルが浮きを補修する際はピンニング工法と言われる工法でタイル浮いている箇所を補修します。 タイルの交換 施工時より既存タイルの色が色褪せしている場合などは換え部分が目立たないようにバーナーであぶって新しいタイルの色合いを調整します。全面タイル材を交換することはあまりありません。 剝がれ落ちて割れたタイルの部分のみ交換する形になります。 モルタルの補修 下地であるモルタルをしっかり施工することにより、タイルは簡単には剥がれません。 一番重要なタイル壁のメンテナンスが下地モルタルの補修になります。 モルタルに不良が発生している場合、広範囲でそれが起きているか経年劣化を部分的を確認して症状に合わせた補修を行うことが重要です。 伸縮目地のコーキング補修 充填されている伸縮目地の古いコーキングにカッターなどを使用して剥がした後、清掃を行い下地調整します。 次に下地材を塗布してから目地内部にしっかり密着するように新しいコーキングを塗布します。 ガンを最後に使用してシール材を充填し、コーキングを平らに処理して補修は完了です。

2021.05.18(Tue)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

雨の日の外壁塗装について 坂東市、常総市の外壁塗装専門の克栄

坂東市、常総市のみなさんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は雨の日の外壁塗装についてです。 1.工程によっては雨でも工事は可能 基本的に雨の日は塗装関係の工事は全て中断します。契約して工事に入った後、全工程が晴れているならよいのですが、梅雨時期など避けたとしても工事期間中に雨が何回か降る日がある可能性があります。塗装業務に関しては特に雨の日では作業は行えません。ですが、足場組立や、養生シートを張るなどの工程に関しては雨でも工事を進めることができる工程になります。   2.塗装関係は雨の場合延期 雨は降水量は幅がかなりありますので、雨がどれくらい降った場合に工事を中止するべきなのか難しい判断になりますが、外壁塗装用の塗料は基本的に湿度が上がると仕上がりが綺麗になりません。塗装作業を雨の日に無理矢理行うと様々な問題が発生します。その例が以下のものです。・塗装が雨で薄まってしまう ・塗料が乾いていない状態で重ね塗りを行うので、塗装後短い期間で塗装剥がれや塗膜のひび割れ、白化などの不具合が発生します ・塗料に水が落ちて水玉の模様が出来て汚い仕上がりになる天気予報で雨の予報が出ている日は塗装を中止するべきとあり、天気予報が雨の場合は当然、塗装工事を避けるべきと考えます。外壁塗装用の塗料は85%以上の湿度が続きそうな状態であれば塗装は行わないと判断します。一般的な塗料の性能は湿度85%以上で気温5℃以下の場合、塗装は行わないようにとあります。昔と違って天気予報はほぼ当たりますので雨の予報の場合は作業を中止します。   3.塗装作業途中の雨 塗装工程の作業中に雨が降る場合もあります。どしゃぶりの雨が突然降るような雨模様の場合は最初から塗装自体を行うべきではありませんが、天気予報も業者の予想も全て外れた場合はお手上げになります。その際は雨がどれくらいなのかで中断するかなど判断します。基本的には塗り直し作業を行うことになるかと思います。通常塗料が乾くのは1時間以上はかかってしまいます。塗料が水性ではなく溶剤系の塗料ですと約4時間ほどかかるものもあります。さらに冬場ですと乾くのが遅くなります。その他、雨以外にも朝露や夜露など乾くのを阻害するものありますので、しっかりと工期をスケジューリングしてもらいましょう。   4.雨でも塗装を行う良くない業者 職人は休みにすれば人件費はかかりませんが、もし足場を他社のレンタル業者からレンタルしている場合には当然レンタル代がかかります。そのため雨が降っても大丈夫な塗料なのでなどと言い残して雨の中でもお構いなしに作業を行う業者が存在します。あまり良くない業者ですと、大丈夫ですよと平気で言いながら作業をやってしまいます。なぜかと言いますと出来るだけ工期を遅らせたくないからです。それが例えば下請け業者だった場合は元請け業者から支払われる金額が決まっていますので、可能な限り支出を増やさないようにしないと自社の利益が減ってしまうからです。 5.工期が伸びた場合、追加料金は発生するのか 最初から塗装業者は雨の日が工期中に起こる可能性があると考えて工期を見ているので問題ありません。誰しもが心配してしまうことですが、連日の雨で工期が伸びてしまった場合、追加料金が発生することはありません。

2021.05.17(Mon)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

屋根塗装色選びのポイント

常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回は屋根塗装の色選びのポイントを一緒に見ていきましょう。 1.屋根の色選びのポイント 住宅の屋根の色に多いのが昔からダークブラウンやダークグレー、ブラックなどの暗めや濃い色です。なぜ屋根に暗い色が多いかというと外壁には淡い色(ベージュやグレーなど)多く使用されていることやその他の付帯部ともマッチさせやすく、重みを持たせた屋根の色にすることで建物自体に安定感が生まれます。現在はデザインやカラーが多種多様になってきており、そのような住宅が増えてきたことから屋根の色に関しても自由に発想して選んでもいいのではないかと思います。また、屋根は汚れやすいので濃い色にすることで汚れを目立ちにくくする働きがあります。ですが、屋根の色はこれら以外にも多数あります。ですが、実際に塗装した後、後悔されないように色をお選びおになる際は今からご説明する点にはご注意ください。 外壁や付帯部の色との調和 外壁の色やサッシの色と調和する色選びを重視しましょう。・淡いブルー系の外壁であれば屋根の色はネイビーやダークブルー ・ベージュ系やブラウン系の外壁であれば屋根の色はダークブラウン というように同色系の濃淡にすると調和のとれた配色になります。屋根の色を薄くすると軽いイメージになってしまいます。反対に屋根の色は壁面よりも濃い色を採用すると家全体が締まった印象を受けます。 色の面積効果がある 大きな面積になるほど明るい色は鮮やかに見え、暗い色に大きな面積になるほどより暗く見えます。色の面積効果とは同じ色でも面積によって違った色の見え方をすることです。色見本の色は小さいので屋根に実際に塗ると違う色に見える錯覚が起きるため、明るい色を選ぶ際は1トーン暗い色を選ぶことをおすすめします。逆に暗い色を選ぶ場合は1トーン明るめの色を選ぶことでイメージ通りの仕上がりになります。 周囲の環境との調和 好きな色だけを選んでしまうと悪い意味で周囲から見て目立ってしまいます。周囲の環境に調和した配色をすることも大切です。   色褪せや汚れも考慮 大変汚れやすい屋根ですが、色によって屋根の汚れが目立つことがあります。また、色褪せは鮮やかな色ほどしやすくなります。 2.屋根の色の人気カラー 屋根の人気カラーですが先ほどご説明したスタイルに合わせやすい、ダークブラウン系やダークグレー系、ダークグリーン系やブラック系などです。近年の住宅に関してのスタイルですが、和モダンやシンプルモダンの現代的スタイルが人気です。インテリアやフ屋根の人気カラーですが先ほどご説明したスタイルに合わせやすい、ダークブラウン系やダークグレー系、ダークグリーン系やブラック系などです。ァッションなどと同じように住宅の外観やスタイルはトレンドがあります。近年はさらに遮熱効果などを考えて明るめのライトブラウンやライトグレーなどのカラーが選ばれることが増えてきています。 3イメージの色と実物を同じにする方法 屋根や外壁塗装は塗り替えが簡単にできるものではないので、イメージしていた色と実際の仕上がりの色とが大きく違わないように以下のポイントが重要です。よくあるのが自分のイメージした色と塗装後の色のイメージが違うと感じる人は意外と多いことです。最悪、トラブルの原因にもなります。 塗装専門店のカラーシュミレーション カラーシュミレーションも使用するパソコン機器などの種類によって表現できるようになっています。カラーシュミレーションで大体のイメージが掴めるかと思います。特に塗装専門店に関しましてはカラーシュミレーションができるようになっています。建物の画像にお選びになられた色をパソコンで合わせていく作業です。 塗装業者に希望する色を的確に伝える カラーシュミレーションを塗装業者と一緒に行ってイメージを伝えることや近隣でもし希望する色の建物であれば塗装業者に確認してもらうと色のイメージが伝わりやすいと思います。イメージする希望の色を口頭で的確に伝えるのは難しいです。親切な優良業者は過去の施工例などを見せてくれる場合もあります。 色の見え方を知る 曇った日と良く晴れた人では違って色が見えたり、隣り合う色や背景色などで違う見え方をする場合もあります。また、外壁や屋根の素材によって同じ色の塗料を使用しても見え方も変わります。色の見え方は面積効果の他にも周囲の環境や条件によって異なります。見る人の感覚など体調面によっても色の見え方が変わってきます。さらに色の知覚には個人差があることも認識しておかなければいけません。このように完璧に希望する色を表現するのはかなり難しいことです。    

2021.05.16(Sun)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

ホワイトカラーの外壁塗装について常総市の外壁塗装専門克栄

常総市のみなさんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。今回はホワイトカラーの外壁塗装について一緒に見ていきましょう。 1.白い外壁の魅力 住宅街を歩くとこのように白い外壁の色は人気があります。外壁の色選びにおいてホワイトは多くの人が候補に入れる人気色のひとつです。この記事では白い外壁の魅力や良い点について一緒に見ていきましょう。 爽やかで明るい雰囲気 ホワイトは見ていてストレスを感じにくく、爽やかで清々しい雰囲気があります。日々、生活する自宅なので清潔感があり開放的がある色の外壁にしたいものです。外壁をホワイトカラーにされる方の多くはその清潔感に魅力を感じています。ブラックはスタイリッシュで高級感がありますが、ともすれば暗くて閉塞感のある印象になってしまいかねません。 白い汚れが目立たない 外壁の汚れですが茶色や黒を想像しがちですが、実際は多く白い汚れも付着します。一方で黒色の外壁は泥汚れなどは目立ちにくいものの、白い汚れは目立ちやすくなります。その中でも喚起口などから発生する白い汚れは外壁に付着することが多いのですが、外壁がホワイトならそのような汚れが目立ちにくいです。 家が大きく見える このような色の視覚効果は家の外壁に関しても同じです。白色には大きく見せる特徴があるため、ホワイト系の外壁にすることでお家が広く見えます。服に例えると膨張色である白色の服を着ると太って見えやすく反対に黒色の服を着ると着やせして見えると思います。小さい面積のお家をより広く見せたい時にはホワイトの外壁塗装をすると家全体が広々と見えます。逆にブラック系の外壁にすればスタイリッシュでお洒落な雰囲気が出ますが、お家がまとまって小さく見えるので面積が小さなお家にはあまりおすすめできません。 室温が上がりにくい 白い外壁は熱がこもりにくく室温が上昇しにくいメリットもあります。光を反射する特性を持っているのが白色です。外壁をブラックにすると建物に熱がこもりやすくなります。そのため、夏場は冷房費用が予想以上にかかってしまう場合があります気温の高い地域にお住いの場合、ホワイトの外壁にすることで夏場でも快適に過ごせます。また、周囲に太陽光を遮断するような建物うあ木々がなく、立地的に直射日光が当たりやすいお家にも外壁をホワイトにすることをおすすめします。 2.ホワイトの外壁をお洒落に見せるコツ ホワイトにも種類が様々ある 白の中でもホワイト系は透明度が非常に高く仕上がりが爽やかになるのが特徴です。一口に白い外壁と言っても、ホワイトやクリーム、アイボリーなど様々あります。アイボリー系ですが明るさが程よくありつつもホワイト系のように透明度が高くないので、汚れがやや目立ちにくい傾向があります。デメリットとしてはスタイリッシュな仕上がりにはなりますが、一番汚れが目立ちやすくなります。また、クリーム系はホワイト系の中で落ち着きがあり温もりもありますのでアットホームなイメージの外壁に仕上がります。ホワイトにくらべて汚れが目立ちにくいという特徴もあります。外壁塗装を1色で行うと平面的でのっぺりした印象になりやすいので、上手にこれらの同系色を組み合わせていくことでお洒落な外壁に仕上がります。 外壁材の質感や種類で大きくイメージが変わる 日本の家屋の約9割はサイディングという外壁材を使用しています。サイディングは凸凹感がありますがあまり質感がよくない点があります。同じ塗料を使っても外壁材の種類によって仕上がりのイメージは大きく変わることにご注意ください。白い外壁をイメージ通りに実現するには塗料の色のみだけではなく、外壁材の種類なども考えて選定することが重要です。 3.白い外壁と相性の良い色選びのコツ ホワイト×ブラックブラックをワンポイントアクセントとして組み合わせても合いますし、均等な比率でブラックとホワイトを用いるのもお洒落に仕上がります。ホワイトとブラックは反対色であるため相性が良く、非常にオーソドックスな組み合わせです。濃淡がはっきりするホワイトとブラックの組み合わせはスタイリッシュで引き締まった印象になります。 ホワイト×グレーグレーはブラックに比べると汚れが目立ちにくい色になります外壁の清掃をこまめに行う手間も省けます。黒に次ぐオーソドックスな組み合わせがホワイトとグレーです。また、ブラックよりもグレーと組み合わせた方がより爽やかで清爽間のある家になります。 ホワイト×ブラウンブラウンを多めにすることで落ち着いた雰囲気にすることができます。親しみのあるオシャレな外壁に仕上がります。白とブラウンも相性の良い色の組み合わせです。また、ブラウンは汚れが目立ちにくい特徴があります。

2021.05.15(Sat)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

ベージュカラーの外壁塗装について坂東市、常総市の外壁塗装専門克栄

坂東市、常総市の皆さんこんにちわ 外壁塗装専門の克栄です。 今回はベージュの外壁塗装についてです。 1.ベージュは外壁塗装の人気色   温かみのある雰囲気 帰ってきたときにホッとできる雰囲気にしたい、お家に優しさを与えたい場合などにおすすめです。ベージュの持つ温かみのある素朴な雰囲気はご自身のお家に安心感や安らぎを与えてくれます。 大きくお家を見せる 外壁塗装をベージュで行うことにより、お家を大きく見せたり立体感を引き立てさせます。アイボリーやベージュなどの淡い色や赤や黄色などの暖色系の色は膨張色と言われており、ものを実際より大きく見せる効果があります。反対にブラウンや黒などの濃厚色や青や緑などは建物を小さく見せたり、建物が遠くにあるよう見せてくれます。収縮色と膨張色をうまく組み合わせることにより最大限にベージュの魅力を引き出せます。また、視覚効果でより近くにあるように感じさせます。 周囲の建物などと良くなじむ 様々な色味があり、塗料のバリエーションも豊富なので必ずご自身のお家に合うベージュカラーがあります。またグリーンはベージュとの相性が非常に良く、ガーデニングが趣味という方や大きな木が庭などにある方にもおすすめになります。土の色がベースになるベージュは周囲の風景などに自然となじみます。ベージュは茶色に白を加えた色です。ベージュの外壁が庭の緑を自然に引きたせてくれます。 汚れが目立ちにくい ベージュは汚れが目立ちにくい色の一つです。汚れがとにかく気にならないお家にしたい場合や可能な限り綺麗な外壁を長期間キープしたい場合ならグレーやベージュを選ぶと良いでしょう。外壁に付く汚れは砂ぼこりやコケカビなどのくすんだ中間色が多いです。ベージュはこれらと同じ中間色なので汚れとの色の差が目立ちません。一番汚れが目立ちにくい色はグレーですが、グレーよりソフトな色にしたい場合はベージュがおすすめであり人気があります。 2.ベージュの外壁をオシャレに見せるコツ 付帯部の色をアクセントにする   付帯部をホワイトにするなら濃いめのベージュで外壁塗装を行い、逆に付帯部が黒の場合は明るめのベージュで外壁塗装を行うことにより、はっきりしたコントラストになりメリハリがつきます。ベージュに外壁全体をする場合、付帯部などの色を変化させることにより、良いアクセントになりメリハリのある仕上がりになります。 材質や質感で違うイメージに ベージュにタイルとレンガを組み合わせることによって洋風で明るい印象になります。ベージュの外壁と相性が良いのは異なる素材のタイルやレンガとの組み合わせです。ベージュの外壁部分と木目調を組み合わせると和風モダンな雰囲気になります。 ベージュとの組み合わせでスタイリッシュに 窓や柱などを利用して色を縦方向に変えるとスマートに建物自体が見えるようになります。特にブラウンやブラックなどと組み合わせることによりベージュの膨張効果をブラウンやブラックの収縮効果が働いて引き締めます。基本ベースをベージュにして家のパーツによって配色を変化させるのもおしゃれなお家にするコツになります。また1階部分と2階部分で色を変えてツートンにすることで個性的なデザインになります。ツートンカラーはベージュとブラウンやグレーなどとの組み合わせは非常にマッチします。また、1階部分と2階部分の境界となる帯などにアクセントとなる色を入れるのもおすすめです。一層目を引く外観となりコントラストが引き立ちます。 3.ベージュとマッチする色選びのコツ ベージュ×ブラウンブラウンは収縮色になりますので膨張色のベージュの印象を引き締めてくれて高級感のあるお家に仕上がります。また赤みがあるブラウンを合わせることで、より温かみのある雰囲気に仕上がります。ベージュに同色系のブラウンは好相性なので組み合わせることによりまとまりのある配色になります。色の濃淡の差があるほど見た目のメリハリついた仕上りになります。 ベージュ×ホワイトベージュは地味になりがちですのでホワイトで華やかで明るい印象に変化させてくれます。ベージュとホワイトはシンプルな色同士になりますのでどんな環境にも馴染みやすいというメリットもあります。ホワイトはベージュとの組み合わせは非常に人気があります。 ベージュ×ベージュベージュ同士は淡いカラー組み合わせになりますので優しいベージュの雰囲気を維持しながらメリハリを自然とつけることができます。濃淡の違うベージュ同士の配色はワントーンでまとまりのある印象に仕上がります。ベージュには様々な色味があるため、場合によっては色の組み合わせが難しいこともあります。地味になりすぎる場合にはアクセントにホワイトを使用するのがおすすめです。黄色っぽいベージュなら同じ黄色っぽいベージュを組み合わせピンクっぽいベージュならピンクっぽいベージュを選び濃淡の差をつけることで仕上がりがお洒落になります。 ベージュ×カーキベージュとカーキはどちらもアースカラーでとても相性の良い組み合わせです。またベージュとカーキの組み合わせはナチュラルかつリラックスした雰囲気を出してくれます。黒を引き締め色として使用することにより洗礼された落ち着きのある色合いになります。

2021.05.14(Fri)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション