MENU

坂東市・常総市・境町・守谷市・つくば市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ - 現場日記 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記

現場日記の記事一覧

防水方法の種類とは? / 茨城県坂東市、外壁塗装&屋根専門店 克栄

茨城県坂東市、常総市、つくば市の皆さんこんにちは 茨城県坂東市、常総市、つくば市地域密着の外壁塗装&屋根専門店 克栄です✋ いつも現場ブログをご覧いただきありがとうございます😊🎵 克栄は地場に根差した地域密着の塗装会社として茨城県坂東市、常総市、つくば市で多くの塗装工事を行わせていただいております🏠✨ これからも地域の皆様により愛される会社を目指し、工場塗装、雨漏り補修を通して地域社会に貢献していきますので宜しくお願い致します🙇 防水工事には様々な種類や工法があり、物件の種別(木造・鉄骨・RC)、現状(雨漏の有無)等によって最適な防水工事の種類と工法は異なります。しかし、どんな状況であっても、「できるだけ長く持たせたい。」とお考えになりますよね。そこで、 今回は、「防水方法の種類とは?」についてご紹介いたします❕❕   1.防水方法 防水工事には様々な種類の防水方法があり、目的や物件によってどの防水方法が向いているのかご紹介させて頂きます。 また、「ウレタン防水」、「アスファルト防水」、「塩ビシート防水」、「FRP防水」、「浸透性防水」についてもご説明致します。 ウレタン防水 『ウレタン防水』とは、様々な防水工事がある中で、特に多く適用されます。防水が軽量なので、建物にあまり負担が掛からずメンテナンスも簡単といった特徴があります。また、費用が安いのも魅力的です。比較的に簡単な工事で骨子することができますので、屋上や陸屋根などに用いられることが多々あります。 デメリットは、下地の影響を受けやすいため、きちんと下地処理をしておく必要があります。 アスファルト防水 『アスファルト防水』とは、合成繊維不織布が含まれているアスファルトで制作した防水シートで実施する方法です。防水シートと下地が密着する工事をするため、水分が入り込むのを防ぎます。『アスファルト防水』は、防水性と耐久性が優れているのが魅力的で、屋根や屋上に使用されることが多い手法になります。 デメリットは、防水工事の際にニオイや煙が気になり、近隣へ迷惑を掛けてしまう可能性があります。 塩ビシート防水 『塩ビシート防水』とは、下地に防水効果がある塩化ビニールシートを溶かして貼る方法です。溶かして貼りるが出来るので、ほとんどの場所で工事が実施できるのが魅力的です。また費用が安く、短期間で工事が完了することができ、メンテナンスが比較的簡単な事もメリットになります。また、特徴として耐久性が高く、耐摩耗性も優れております。 デメリットとしては、塩ビシートに含まれている可塑剤が気化すると、ヒビ割れやすくなります。 FRP防水 『FPR防水』とは、硬化剤を配合した不飽和ポリエステル樹脂に、ガラス繊維などを張り付けた塗膜防水によって、防水効果を高くなっています。軽くて強く、高い防水性が魅力的の「FRP防水」は、短期間で工事が完了することができ、紫外線、酸性雨なの影響からもご自宅を守ることが出来るのもメリットです。ベランダ、バルコニー、屋上など、さまざまな場所で用いることが可能です。 デメリットは、工事を行う際に、ニオイが発生することです。 浸透性防水 『浸透性防水』とは、無機質系・ケイ酸塩系などの成分が含まれている材料を、コンクリートに塗ることで、コンクリートそのものに防水性を与えるのが特徴です。浸透性防水はコンクリートの極めて小さな隙間の中に染み込み、雨や雪の水分が中に入り込まないようにすることが可能です。また、浸透性防水をする事で、コンクリートのひび割れなどが起こりにくくなるメリットもあります。その為、コンクリートが使われている部分の防水工事に用いられる方法です。   2.まとめ 防水工事の方法の「ウレタン防水」、「アスファルト防水」、「塩ビシート防水」、「FRP防水」、「浸透性防水」についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか? 方法によるメリット・デメリットや、工事したい場所(ベランダ、バルコニー、屋上など)によって手法が異なってきます。判断に迷う場合は、塗装業者へ相談しましょう。 防水工事をご検討しているお客様、防水工事は雨漏りを防いだり、躯体の傷みを防止することが出来ますので、大切なご自宅を建物を守る為にも、ご検討してみてはいかがでしょうか? 屋根塗装や外壁塗装は経験や技術力が求められるため、施工実績が豊富な専門の業者へ依頼することをオススメします。 茨城県坂東市、常総市、つくば市、又は近隣で外壁塗装を行う際は、ぜひ克栄にご相談ください。経験豊富なプロの職人が、必ず満足いただける工事を実施いたします。また、他社にはない技術力で、依頼主様が保有する物件を丁寧かつ確実に補修いたします。 克栄では無料診断を実施しております。まずはお気軽にお問合せをお願い致します❕❕      経験豊富なプロフェッショナルがお客様に合った塗料をご提案させて頂きます😄✨ 今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました😊 『外壁塗装が必要か分からない…』という茨城県にお住まいの方はまずは無料診断をぜひご活用願います✋ 克栄は茨城県坂東市・常総市、つくば市を中心に熟練の自社職人により高品質&低価格な外壁塗装&屋根塗装をご提供する専門店です❕茨城県坂東市地域密着で3,000件以上の実績と多くの信頼を積み重ねてきた外壁塗装&屋根塗装のプロフェッショナル集団です✨ 茨城県坂東市、常総市、つくば市の地域密着だからこそできる、スピード対応によるアフターフォローに自信があります😄 外壁塗装&屋根塗装のプロフェッショナル集団だからこそ、茨城県の多くのお客様にお選び頂いております🌼 克栄はお客様にご信頼・ご満足して頂けるサービスを提供できるように日々努めてまいりますので、今後とも、宜しくお願い致します❕ 施工事例 ☞ https://tosou-kokuei.jp/works/ お客様の声 ☞ https://tosou-kokuei.jp/voice/ 茨城県坂東市、常総市、つくば市、近隣の皆様、外壁塗装・屋根塗装の事なら克栄へなんでもご相談ください🌠      0297-44-7832 茨城県坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」自慢の施工実績はこちらから 茨城県坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」への診断依頼はこちらから 茨城県坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから 茨城県坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから

2022.09.28(Wed)

詳しくはこちら

現場日記

雨漏り注意!! / 茨城県坂東市、外壁塗装&屋根専門店 克栄

茨城県坂東市、常総市、つくば市の皆さんこんにちは 茨城県坂東市、常総市、つくば市地域密着の外壁塗装&屋根専門店 克栄です✋ いつも現場ブログをご覧いただきありがとうございます😊🎵 克栄は地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛される お店を目指して、地域密着の塗装会社として茨城県坂東市、常総市、つくば市で多くの塗装工事を 実施しております。     梅雨の時期になりました。この時期は雨漏りなどが心配ですよね。 雨漏りでまず初めに心配になるのは屋根ですが屋根以外にも雨漏りの危険性が有る箇所はたくさんあります。 雨漏りの原因は屋根からという印象をお持ちのお客様がほとんどだと思います!   今回は、『 雨漏りの原因!!』についてのお話しです👆 実際の雨漏りは屋根からが非常に多いです。屋根から浸水し、お部屋の柱や梁を伝っていくので、破損している場所とは別の箇所から天井染みが出てきたりと、雨漏りはに非常に厄介です(´;ω;`)   その1:✅ 雨漏りの原因は❓🤔 その2:✅ コーキングから雨漏りの原因とは❓🤔 その3:✅雨漏りを放置すると❓🤔   その1:✅ 雨漏りの原因は❓🤔 お住まいの雨漏りの原因は屋根ばかりではないのです!壁からや、サッシ周りからなど様々な原因が考えられるのです!原因は主に3つあります。 ①外部の破損部と室内の雨水浸水箇所は必ずしも一致するわけではない ②雨漏りは外壁や屋根の割れ以外からも発生する! ③雨漏りの原因になりやすいコーキング   先日、茨城県坂東市のH様から、雨漏り調査依頼を頂き、調査させていただきました。 屋根や壁に損傷はなかったので、外壁を細かく確認したところ、原因を発見いたしました! コーキングが劣化し、機能を果たしておらず雨漏りの原因になっていました(´;ω;`)         ここで皆様にお伝えしたいことは、雨漏りの原因は屋根ばかりではないく、壁からや、サッシ周りからなどがありますので、雨漏りかなと思ったら専門業者へお問い合わせをすることをオススメします。   その2:✅コーキングから雨漏りの原因とは❓🤔 コーキングとは? 外壁塗装を行う際は、外壁の隙間を埋めるために充填する素材・または充填する工事自体のことをコーキング(シーリング)と呼んでいます。 コーキングには、ゴムのように柔らかくするための「可塑剤」と呼ばれる成分が配合されています。 これによって柔らかくなることで、サイディングボードなどの外壁の動きや膨張・伸縮に対しても、コーキング自体が伸び縮みすることで、動きを吸収するクッションの役割や目地から水が入るのを防ぐ役割を果たしています。 コーキングから雨漏りの原因 紫外線にさらされることにより、この可塑剤は揮発してしまいます。すると、コーキングは柔らかさを失い、徐々に縮み、硬化していきます。 そうして外壁の動きに耐え切れなくなり、コーキングはひび割れを起こします。そのため、ひび割れから水が浸入し雨漏りの原因となります。 コーキングは5~10年程度が寿命と言われております。短いですよね(*´Д`) コーキングの種類によって耐久年数が異なりますので、コーキングに劣化がみられた場合は、外壁塗装業者へお問合せをオススメします。   その3:✅雨漏りを放置すると❓🤔 現在、雨漏りしているけどまだ大丈夫かなと放置されていると内側の断熱材や構造部が腐ってしまいお住まいの寿命を縮める原因にもなりうるのです(´;ω;`) 雨漏りが引き起こす5つのリスク 家を支えている柱や土台の腐れ シロアリの繁殖 壁や天井へのシミやクロスはがれなどの破損被害 カビの発生による健康被害 漏水による電子機器の故障(漏電から火災の可能性も((+_+)))   まだこれくらいなら大丈夫とお考えの皆様も現在雨漏りでお困りの皆様も無料で診断を承っておりますので、 外壁塗装&屋根専門店 克栄までご相談ください(^^)/ 雨漏りの原因を解決いたします(^^)/   また外壁塗装についてお悩みの方はぜひ克栄へ、お問合せをお願い致します❕❕ 経験豊富なプロフェッショナルがお客様に合った塗料をご提案させて頂きます😄✨   今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました😊 『外壁塗装が必要か分からない…』という茨城県にお住まいの方はまずは無料診断をぜひご活用願います✋ 克栄は茨城県坂東市・常総市、つくば市を中心に熟練の自社職人により高品質&低価格な外壁塗装&屋根塗装をご提供する専門店です❕茨城県坂東市地域密着で3,000件以上の実績と多くの信頼を積み重ねてきた外壁塗装&屋根塗装のプロフェッショナル集団です✨ 地域密着だからこそできる、スピード対応によるアフターフォローに自信があります😄 外壁塗装&屋根塗装のプロフェッショナル集団だからこそ、茨城県の多くのお客様にお選び頂いております🌼 克栄はお客様にご信頼・ご満足して頂けるサービスを提供できるように日々努めてまいりますので、今後とも、宜しくお願い致します❕ 施工事例 ☞ https://tosou-kokuei.jp/works/ お客様の声 ☞ https://tosou-kokuei.jp/voice/ 外壁塗装・屋根塗装の事なら克栄へなんでもご相談ください🌠      0297-44-7832 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」自慢の施工実績はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」への診断依頼はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから

2022.06.06(Mon)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識

【大人気グレー】外壁おしゃれカラー/ 茨城県坂東市、外壁塗装&屋根専門店 克栄

茨城県坂東市、常総市、つくば市の皆さんこんにちは 茨城県坂東市、常総市、つくば市地域密着の外壁塗装&屋根専門店 克栄です✋ いつも現場ブログをご覧いただきありがとうございます😊🎵 克栄は地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛される お店を目指して、地域密着の塗装会社として茨城県坂東市、常総市、つくば市で多くの塗装工事を 実施しております。     外壁塗装を検討され、ご契約が成立すると「色選び」へと進んでまいります。 お客様によっては色を即決する方もおられますが、悩まれる方も多数いらっしゃいます。 そこで、克栄にて施工していただいているお客様で間で今人気沸騰中の塗装の色をご案内いたします。 外壁の色選びで迷われているお客様は是非、参考にしていただけたらと幸いです(^^)   「グレーカラー」を本日はご紹介します🎵   ポイント1:✅グレーカラー 大人気の理由 ポイント2:✅グレーカラーのメリット・デメリット ポイント3:✅グレーカラー色の選び方   ポイント1:✅グレーカラー 大人気の理由 グレーカラーは大人気の色で、何年たっても常時トップ3に入るくらい安定の評判が良いお色です🌟 人気の理由として、グレー系の色を使い、建物をモノトーンで統一することでお洒落な外観になります😊 グレーには…「クール」「都会的」「オシャレ」「格調高い」「大人っぽい」「重厚感」といったイメージがあると言われていますので、暖かみよりクールさ、モダンさを求めるお客様におすすめなお色となっております🎵 また、モダンな雰囲気をかもし出すだけではなく、ナチュラルなイメージにも抜群なのがグレー系の色の外壁で、まわりの建物との兼ね合いもグレー系の色なら心配いりません✨   ポイント2:✅グレーカラーのメリット・デメリット 次は、「グレーカラー」のメリットやデメリットについてご紹介いたします🎵   メリット ①「クール」「都会的」「オシャレ」「格調高い」「大人っぽい」「重厚感」な印象の外観 ②落ち着いて品があり高級感や重厚感のある外観 ③付帯部などの組み合わせた色を際立たせる役割   デメリット ①熱を吸収しやすいため外壁の温度も高くなり、室内の温度が上がりやすい ②また、紫外線を吸収しやすいので色あせがしやすい ③外壁の汚れが目立ちやすい   お家がオシャレで高級感や重厚感なイメージになる反面、熱を吸収し、色あせが目立ちやすいお色です。 メリット・デメリットを踏まえ、お客様の好みに合った外壁を選んでいただきたいと思います!   ポイント3:✅グレーカラー色の選び方 『グレー』と言っても、青みがかったグレー、赤みがかったグレー、黄色がかったグレー、薄いグレー、濃いグレーなど様々なグレーがあります❗ どのグレー色の塗料で外壁塗装をするかで仕上がりの印象が変わってきます✨そのため、グレーの塗料を選ぶ時には、グレーの色味にまでこだわって選ぶのがポイントです👆 ツートーンにする場合の合わせる色や、家の周辺環境なども考慮して色選びをすることをオススメいたいします🏡 ちなみに、選ぶグレーの色味を間違ったかも…?と感じている人の失敗談としてよくあるのが、「仕上がってみたら、ちょっと地味に感じる」「塗装したばかりなのに、薄汚れて見える」というものです💧 また、塗装する壁面の材質によっても見え方が変わってくるので、ぜひ克栄へお問合せをお願い致します❕   グレーカラーの良いところを最大限に活かし、素敵な外観にしたいお客様はぜひご検討してみてはいかがでしょうか!!!   ご検討の方はぜひ克栄へ、お問合せをお願い致します❕❕ 経験豊富なプロフェッショナルがお客様に合った塗料をご提案させて頂きます😄✨   今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました😊 『外壁塗装が必要か分からない…』という茨城県にお住まいの方はまずは無料診断をぜひご活用願います✋ 克栄は茨城県坂東市・常総市、つくば市を中心に熟練の自社職人により高品質&低価格な外壁塗装&屋根塗装をご提供する専門店です❕茨城県坂東市地域密着で3,000件以上の実績と多くの信頼を積み重ねてきた外壁塗装&屋根塗装のプロフェッショナル集団です✨ 地域密着だからこそできる、スピード対応によるアフターフォローに自信があります😄 外壁塗装&屋根塗装のプロフェッショナル集団だからこそ、茨城県の多くのお客様にお選び頂いております🌼 克栄はお客様にご信頼・ご満足して頂けるサービスを提供できるように日々努めてまいりますので、今後とも、宜しくお願い致します❕ 施工事例 ☞ https://tosou-kokuei.jp/works/ お客様の声 ☞ https://tosou-kokuei.jp/voice/ 外壁塗装・屋根塗装の事なら克栄へなんでもご相談ください🌠      0297-44-7832 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」自慢の施工実績はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」への診断依頼はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから

2022.05.31(Tue)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識

【茨城県・坂東市・常総市・つくば市】ガルバリウム鋼板とは 坂東市・常総市・つくば市外壁塗装専門の克栄

茨城県・坂東市・常総市・つくば市皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 今回のブログではガルバリウム鋼板についてご紹介させていただきます。     ガルバリウム鋼板とは金属の素材の種類の仲間です。1972年にアメリカで開発され日本でも使われるようになりました。ガルバリウム鋼板は外壁材や屋根材の材料として使われています。沢山の種類が販売されていて、ガルバとも呼ばれています。ガルバリウム鋼板の性能としては、耐久年数が長く持ち金属の素材なのに錆になりにくい、耐震性がとても高いなどの様々な良い魅力があります。   ガルバリウム鋼板のメリット・デメリットについて メリット 耐久年数が長いので長持ちをすることが出来る。 トタンや窯業系サイディングよりも断然耐用年数は長く持ちます。10~15年を目安にメンテナスを行うことでもっと長く持たせることが出来るので、メンテナスをすることをオススメします。 錆に強い 金属は錆びてしまってダメになってしまいますが、ガルバリウム鋼板は錆びないことはないですが錆になりにくいです。一般的な金属に比べると錆になりにくいのは歴然として分かります。   耐震性がとても高い 耐震性が高いので地震などが来ても損壊することはないのでとても安心できます。   デメリット 錆が出来る ガルバリウム鋼板は金属の中でも錆びにくいことが特徴ですが、錆びないということは絶対にありません。   へこみやすい ガルバリウム鋼板は薄い為物が強く当たってしまったりするとへこんでしまいます。などで小さいお子さんがいるご家庭にはあまり良くありません。   デザインの種類がない 見た目は独特の個性がある見た目になっているがデザインの種類があまりありません。バリエーションが少ない為気に入ったデザインが見つからないという方がとても多いです。   坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」自慢の施工実績はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」への診断依頼はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから 坂東市・常総市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店「克栄」の商品はこちらから

2022.05.25(Wed)

詳しくはこちら

現場日記新着情報

【坂東市・常総市・つくば市】屋根の形状で雨漏りリスクが変わる 坂東市・常総市・つくば市の外壁塗装専門の克栄

坂東市・常総市・つくば市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 今回は屋根の形により、どのような雨漏りリスクがあるのかをご紹介していきます街中を散歩していたり、ドライブ中など様々な屋根の形を目にしますが、屋根に対して「外観のデザイン性」という認識しかない方が多いかと思います。ですが、現在の日本の住宅には様々な形の屋根が存在し、それらの屋根はデザイン性以外にも屋根それぞれのメリット・デメリットがあり、実は住宅の雨漏りリスクは屋根の形状により異なるのです!   屋根の形状別雨漏りリスク   寄棟屋根 寄棟屋根の雨漏り原因は、「かきあい」と呼ばれる部分でY字になっている箇所から雨漏りが発生し、定期的なメンテナンスが欠かせません。 切妻屋根同様に、こちらの寄棟屋根もオーソドックで、軒で全方向の外壁を覆っているため、守られていることがメリットとなる屋根形状です。 切妻屋根 切妻屋根の構造はとても単純で、複雑な屋根と比べるとメンテナンスも簡単でメンテナンスコストも安価に済みます。 切妻屋根は、屋根の形の中でもオーソドックスで雨漏りに最も強いと言われています。街中でも良く見かける屋根形状です。棟板金が強風で飛ばされることが多く、日頃からのメンテナンスが重要です。切妻屋根の雨漏り原因は、大棟と呼ばれる屋根の最上部(中心)にある棟部分です。     陸屋根 陸屋根は平らな形状で、屋上として活用することもできます。陸屋根は平らな形状のため、雨水が長く留まり防水層や屋根部分劣化を早めてしまいます。雨漏りリスクがとても高い屋根形状です。適正なメンテナンスを定期的に施し、雨漏りリスクを低減させましょう。また、住宅全体の外観もおしゃれになり、デザイン性も高いため片流れ屋根と同様、近年人気の高い屋根形状で、「りくやね」「ろくやね」という呼ばれ方があります。屋上として活用される場合は、ベランダと同じように防水が施されていることが多く、 片流れ屋根   片流れ屋根は、モダンでおしゃれな印象があり、そのデザイン性の高さから近年人気の高い屋根形状です。ですが、屋根が一方向に向いていることから、横殴りの雨に弱く、そこからの雨漏り率が非常に高いです。 また、屋根に落ちてくる雨水をの負担を雨樋の一点にかかり、雨樋からのオーバーフローや雨樋の破損が多いです。  

2022.02.23(Wed)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市・つくば市】雨漏りと結露の見分け方坂東市・常総市・つくば市の外壁塗装専門の克栄

坂東市・常総市・つくば市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 今回のブログでは、雨漏りと結露の違いについてご紹介させていただきます 今雨漏りをしているけど結露か分からない、というお客様がいらっしゃいます。原因が分かっていない状態で、やみくもに工事を行っても意味がありません。梅雨の時期は毎日雨が降っていますので、普段よりも雨量が増え「これまでは何もなかったのに急に雨漏りが起こる」等と、雨漏りが多発します。ですが、これは結露なのか?雨漏りなのか?と、違いがよく分からず実際は雨漏りしていないのに雨漏りだと思い込み、「高いお金を支払って雨漏り修理を行ったのに直らなかった」という方も少なくありません。   雨漏りと結露を見分けるポイント   まず初めに、雨漏りと結露を見分けるポイントは2つあり、1つ目は場所と範囲、2つ目は時期です。   結露 ・換気をする事で改善される      ・秋、冬の寒い季節                       ・壁や窓一面に広範囲に起きる         ・暖房を付けているとき           雨漏り ・換気しても改善されない ・雨の日や台風の日、また翌日や数日後に発生(季節は関係ない) ・かび臭くなる ・壁や窓枠の一部、端部など部分的に生じるこの2つのポイントを踏まえ、ご説明していきたいと思います!   どこで発生する? 雨漏りかも?と思ったら、どこでどのように発生しているのかを良く確認してみましょう! 広範囲ではなく、壁の一部やサッシ周りなどが水濡れしている場合は雨漏りが起こっている可能性が高いです。また、雨漏りしていると皆さんに目の前に現れるまでに、住宅内部の至る所を通過していますので壁や天井の内側や壁紙を湿らせてしまい、カビ臭くなったり黒ずみが出てきます。壁一面に水濡れがあったり、窓ガラスやサッシ全体など反対に広範囲濡れている場合は結露である事が多いです。天井が広範囲で濡れている場合、天井裏に湿気が溜まっている事が原因となっているケースが多いので、専門業者の方に見てもらいましょう。   いつ発生する? 気になっている水濡れが、どのようなタイミングで発生するかが大事です。この見極めで、雨漏りと結露の判別をしましょう。壁や窓が濡れている場合が雨漏りが生じている可能性が高いので、できるだけ早く処置を施しましょう!秋から冬にかけての寒い季節は、建物の外側は冷やされ内側は暖かくなりますので、外気と室内の温度が大きく変わり、結露が起こります。特に良く暖房を稼働させているお家であれば、外と中の温度が離れる一方なので湿気が溜まりやすく、結露が多く起こります。そのため、寒い季節にだけ水滴が発生する場合は、ほとんど結露であるケースが多いです。換気を行い、湿気を逃がすことで改善されるでしょう。

2022.02.22(Tue)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市・つくば市】住宅塗り替えのベストシーズン 坂東市・常総市・つくば市の外壁塗装専門克栄

坂東市・常総市・つくば市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。    今回のブログでは、外壁塗装の塗り替えに適している季節についてお話しさせていただきます。   外壁塗装 塗り替えのベストシーズン 外壁塗装の季節は、塗り替えてもらうお客様・実際に塗装をする外壁塗装業者にとって、大切なものとなります。よく言われているのが、6~7月の夏に入る前の雨期には塗装を控えたほうがいいということです。   雨期の時期はなぜ避けた方がよいのか   外壁塗装は塗料を塗ったあと、必ず乾燥させる為の時間を設ける必要があります。 乾燥時間をきちんと確保することで塗膜が作られ、この塗膜によって紫外線・雨水などの自然環境からのダメージを防いでくれる防御壁となります。外壁塗装に必要不可欠なのは塗料ですが、乾く前の塗料に雨水がついてしまうと塗料が流れてしまうトラブルが発生してしまいます。しかし、乾燥中の塗料は水に弱いので、雨が振られてしまうと以下の事が起きます。 ・乾燥が不十分なまま仕上がってしまう ・乾燥しきってない部分が流れてしまう ・水が付く為、乾燥時間が倍近く必要となってしまう これらは雨によって引き起こされ、塗装日数(期間)の増加に繋がります。以上が、雨期の時期は塗装を避けたほうがいいと言われる理由になります。   雨期に塗装をするのは絶対にダメなわけではない   地域の特性を知り、天気も予測でき 地域密着で長年活動している塗装業者にお願いすることがオススメです。塗料が乾燥しやすい時期のため、天気に気をつけていれば雨期の時期でも塗装は行なえます。雨期の時期は塗装を避けた方がいいと言われてはいますが、塗装ができないということではありません。ただ雨の日が多いというだけで、そもそも雨期は 夏前のあたたかい季節なので塗料が乾燥しやすい時期のため、天気に気をつけていれば雨期の時期でも塗装は行なえます。天気の予測はとても難しとは言え、今はアプリなどでも分刻みで 雨雲の動きが見れますので、これが出来てしまえば雨期の塗装も怖くありません。 悪徳業者は雨天でもお構いなし 何件もこなして利益を得ようとする業者にとっては雨は天敵です。雨の影響で塗装日数(期間)が増えること、塗装業者にとっては他の現場へ行けなくなってしまうので、売上減に繋がってしまいます。そのため、雨が降ってあなたの家の塗装に不具合が発生しても、気にしないような悪徳な業者を選んでしまうと、すぐに剥がれやヒビ割れ等のトラブルが起こる外壁になります。     何度も言いますが、一軒一軒のお客様を大事にし、地元の人の為にと考えている地域密着の塗装業者を選ぶことが、失敗しない塗装になることを覚えておいてほしいです。

2022.02.21(Mon)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市・つくば市】悪徳業者に要注意坂東市の外壁塗装専門の克栄

坂東市・常総市・つくば市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 塗り回数を減らすことで、塗料本来の対応年数が短くなってしまいます。外壁塗装工事では、下塗り・中塗り・上塗り3回塗りが鉄則で、中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用します。ところが、手抜きを行う悪徳業者は、この中塗り工程を省くケースが多くさらに、耐用年数が短くなるという事は、劣化の発生が早まります。本来10年耐久の塗料でも 早ければ2~3年程で劣化症状が見られます。塗料にはそれぞれ、メーカーより規定された膜厚があり、2回塗りで3回分の厚みを付けると言ったら注意が必要です。一度に多くの塗料を塗っても、外壁塗装では意味がありません。その膜厚を確保する事で初めて、塗料本来の性能を発揮できるのです。 塗料には、一度に塗布できる塗布量が決まっていて、必要以上に膜厚を付けすぎてしまうと、膨れなどの施工不良を引き起こしてしまうからです。   チェックポイント   ・工程表の確認・見積書の塗装項目を確認 ・作業を良く見る ・工程毎の写真撮影をしてもらう     工程表の確認 通常 塗装工事は、7日かかる工事ですので着工~完工までの期間が、あまりにも短い場合は注意しましょう。外壁塗装では、工事期間中どの日にどんな作業をするのかがを記載した工程表を作成します。何日目にどの作業を行うのか、塗料の乾燥期間は考慮されているのか、雨の多い梅雨時期や夏の時期は、雨も考慮された工程なのかなど、事細かに業者へ質問をして下さい。 見積書の塗装項目を確認 見積書の内容が細かければ細かいほど、信頼のおける業者と言えます。見積書の内容には、使用される塗料の名前や工法・施工箇所・平米数や個数など様々な工事内容が記載されています。塗り回数など重要な部分や気になる部分が抜けていれば、遠慮せずにどんどん明細を確認しましょう。   工程毎の写真撮影をしてもらう   各工程毎に写真を撮ってもらい、提出してもらう事で適切な工事を実施しているのかが、簡単に確認でき 業者側も手は抜けません。     作業を良く見る   日中、お仕事や用事のある方は難しいかもしれません。代理でお家にいる人にチェックしてももらうなど、対策をしていきましょう。   その他の注意事項   外壁塗装工事で3回塗りが鉄則だからと言って、一日で3回塗ることは絶対にしてはいけません。季節や天候にもよりますが、塗料が乾燥するまでに大体4時間ほどかかり、暑い時期や天候に恵まれていれば一日で2回の塗装は可能です。もしも 一日で塗装を終わらそうとしているのであれば要注意です。しかし、一日に3回塗装するというのは、物理的にも厳しく 施工仕様的にも施工不良を引き起こします。3回塗りを行うには、乾燥期間や塗り面積などを考慮すると、三日以上が望ましいです。また、下塗りを行ってから中塗りを行うまでの期間は、出来るだけ短くなければなりません。

2022.02.20(Sun)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市】瓦屋根の修理方法とは坂東市・常総市の外壁塗装専門の克栄

坂東市・常総市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 今回のブログでは、瓦屋根の『修理』について詳しくご説明していきます! 地震や台風の多い日本では、瓦が飛んでいってしまったなどのニュースも多く、日本各地では被災されている方が多くいらっしゃいます。屋根は雨漏りを防いだり、強い日差しを避けたりと、私たちの暮らしに欠かせない存在です。しかし、劣化が進んでしまえば耐久性は衰え、瓦が割れたり飛ばされたりと、私たちの当たり前の暮らしは一転する事となるでしょう。   瓦の修理方法   瓦屋根の修理方法は大きく2種類に分かれ屋根全体を直す『葺き替え』と壊れた箇所だけを直す『部分補修』となります。部分補修から順番にご説明していきたいと思います      劣化した瓦の交換   実際に目に見える傷みでなくても、永久的な耐久性を持っている訳ではありませんので、瓦は少しずつ少しずつ劣化し、その経年劣化に耐えられずズレてしまったり、欠けてしまうのです。 瓦は台風や地震などの影響により負担がかかり、間違いなく傷みが生じます。このような場合は、傷んだ瓦だけを部分的に交換します。屋根は日ごろから見える位置にないため、日々の生活の中で気づくケースは少なくほとんどの場合が「雨漏りしてから」「瓦に何か起きてから」瓦の劣化に気付きます。台風や豪雨・地震の起きた後には近くの屋根業者に瓦の状態を見てもらいましょう!雨漏りしてから気付いた場合、手遅れな状態が多く、建物の内部に雨が染みこんでしまっています。    瓦屋根の葺き替え工事   工事費用や工事規模が大きくなりますので、計画的に葺き替え工事を行いましょう。 瓦屋根の工事では部分工事の他に、『葺き替え工事』というものがございます。瓦の耐久性は瓦の種類によって異なり、短いもので20~30年ほど、長いもので50~80年の耐久年数があります。こちらは、屋根全体の工事になりますので、全ての瓦を新しい物に交換する大掛かりな工事です。瓦の葺き替え工事は「ただ単に瓦だけを剝がして新しい物に変える」という簡単な工事ではなく、瓦の下地となる野地板の張り替えや、瓦と瓦を繋ぐ棟板金工事なども必要です。        漆喰の塗り直し 漆喰の剥がれは『雨漏りの原因』にもなりますので、瓦の交換が必要ない場合でも漆喰の塗り直しを行いましょう! 瓦が無傷の場合でも、自然災害や経年劣化によって漆喰の方が先に傷んでしまう事もあります。 漆喰とは石灰岩を焼いて水を加えた水酸化カルシウムで、実は私たちも良く目にした事のある学校のグラウンドに線を引いていた、あの白線の粉と同じ原料です!そして、屋根に施されている漆喰は、屋根の一番高い位置にある「棟」の台土を守るために、塗り込まれています。

2022.02.18(Fri)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市】外壁にコケが生じる理由とは?坂東市・常総市の外壁塗装専門の克栄

坂東市・常総市のみなさんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 今回のブログでは、コケの発生原因についてご紹介させていただきますので、是非、今後のご参考にしていただければと思います新築時から10年前後経つと、住宅の外壁は嫌でも劣化が始まります。その中でもコケや藻の発生は、住宅の美観を大幅に低下させご近所の目が気になったり、住んでいる皆さん自身も良い気はしないですよね。それでは見ていきましょう。   コケの発生原因は?   コケは何で住宅の外壁に発生するのか、コケの発生原因をご説明していきましょう! 今までは住宅の外観が気にならなかったけど、街中を歩いていて壁の一部が黒くなっていたり、緑色になっている建物を見た、なんて経験はございませんか?コケは一度発生すると繫殖を繰り返しますので、どんどん規模が拡大されただの水洗いだけでは、なかなか落ちません。   コケは湿気が好物     まずは、コケが発生している住宅をイメージしてみてください。築年数の経った住宅り新築だと、築年数の経過した住宅の方が、コケが生じているイメージが湧くと思います。新築にコケが生じている所はあまり見ませんよね。 数ある外壁材の中でも、特にモルタルは水分を吸収しやすく防水性が低いため、他の外壁材と比較するとコケが発生しやすい特徴があります。住宅は築年数が経過すると、外壁塗膜が劣化し防水性が低下します。 築年数が経って防水性が低下している住宅は、常に湿った環境を作り出し、コケが繫殖するには、好条件です。防水性が低下するという事は、雨水が外壁材に染みやすくなりますので、外壁材は湿気が多くなります。コケは湿気を好み、反対に乾燥している所では簡単に繫殖する事ができません。       外壁のパターン(模様)によってはコケが生じやすい ツルツルと平滑なデザインであれば、水分が溜まりにくいため、コケも発生・繫殖がしにくい環境となります。 反対に、外壁の模様やデザインがザラザラとしていると、おうとつ面に水が溜まりコケが生じやすく、繫殖しやすい環境となります。   室外・室内の温度差も関係している 外壁面に結露が現れると湿度が高まりますので、コケの発生しやすい環境が整ってしまいます。 外は寒く、室内が温かいと結露ができやすい状態です。 コケの繫殖方法は? コケやカビは胞子を飛ばし繫殖を繰り返しています。コケの胞子が飛んだ所の環境が、湿度の高い場所であるとコケとしてはこれ以上の好条件はありませんので、爆発的に繫殖を繰り返します。そして、繫殖をする場所は問わず、どんな所でも根を張る事ができてしまいます。コケと言えば、水際や水中の石や岩に生じているイメージが強いように、根を生やす場所が、硬い・柔らかいというのは全く関係がありません。そのため、外壁がコンクリートであっても、構わず繫殖できるのです。       コケが発生しやすい環境とは? コケの発生・繫殖には様々な特徴があり、皆さんの目に見えないだけで、コケは確実に胞子を飛ばしています。 ・陽当りが悪い ・外壁塗装の塗膜に劣化が表れている ・近くに川や池・田んぼなどがある ・ザラザラとおうとつのある外壁材 ・風通りが悪い ・近くに樹木や緑が豊富な場所がある ・近くの住宅でコケが発生している ・湿度が高いいつどこで飛んでいるかは分かりませんが、この様な環境を整えない事も大切です。

2022.02.16(Wed)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市】外壁のクラックと付帯部が原因で雨漏り 坂東市・常総市の外壁塗装専門克栄

坂東市・常総市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。前回のブログでは、外壁塗膜の劣化とシーリングの劣化による雨漏りについて、ご紹介させていただきました。ですが、住宅の雨漏りは屋根や塗膜劣化・シーリング劣化以外にもあります。雨漏りは発見から修理までの時間が短ければ短いほど、大きな被害に遭わずに済みます。今回はその他の原因について解説させていただきます 外壁のクラック(ひび割れ)     外壁の塗膜が劣化し、さらに外壁材の劣化が進行するとクラックが生じます。いわゆるひび割れです。外壁にクラックが生じると、その割れ目から雨水が侵入し建物内部へと浸水します。このクラックは、種類によってはすぐに修繕工事が必要となり、クラックは大きく分類して造クラックとヘアークラック構の2種類ございます。構造クラックとは、幅が0.3ミリ以下で5ミリ以上の深さのクラックを差し、それ以下のクラックが先ほどご紹介したヘアクラックとなります。クラックの主な修理方法としては、シーリング材を充填させたり、その上からモルタルをつけます。この構造クラックが生じた場合は、直ぐに部分補修でも良いので補修工事を行いましょう。 一方ヘアクラックとは、その名の通り髪の毛ほどの細さのクラックで、深さもあまり深くないため早急な処置は必要なく、外壁塗装を行う際に専用の下塗り塗料を使用することで埋まってしまいます。 付帯部の劣化 水切りから 住宅を建設する際に、部材と部材の繋ぎ目には雨の侵入を防ぐため、水切り金具が設置されます。ですが、この水切り金具が劣化し腐食する事で、雨水が浸水してしまい雨漏りにつながってしまいます。。劣化の具合によってはシーリング補修などで済みますが、深刻な状況になってしまうと、金具自体の交換をしなくてはなりません。外壁塗装を行う際には、現地調査時に一緒に見てもらうことが大切です。 化粧胴差から   外壁塗装の際には、外壁目地やサッシ周りの他に、胴差部分の打ち変え工事も検討しましょう。サイディング外壁のデザイン性を高め、横目地を隠す役割を持つ化粧胴差は、別名「帯」や「幕板」と呼ばれる事もございます。 この胴差の上部にはシーリングが施されていますが、防水のためのシーリングが劣化する事で、雨水の侵入を許してしまいます。      

2022.02.14(Mon)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

【坂東市・常総市】外壁にコケが発生した時の対処法坂東市・常総市の外壁塗装専門の克栄

坂東市・常総市の皆さんこんにちは 外壁塗装専門の克栄です。 コケは外壁に根を生やし、しっかりと付いていますので、簡単な掃除ではなかなか落ちません。先日のブログでは、外壁にコケが発生する原因についてお話いたしました。今回は、そのコケの対処方をご紹介させていただきたいと思いますコケの除去方法などもご紹介いたしますので、是非最後までご覧ください!   外壁に発生したコケはどうやって落とすの?     手作業でコケを落とす場合   塩素系漂白剤の原液を、3倍くらいに薄めコケに垂らします。目に入ったり皮膚に付着しても大丈夫なように、ゴム手袋やカッパ・メガネなどを身に着けて洗浄する事をオススメいたします。10分前後放置したら、スポンジなどで擦ると良く落ちるのですが、強い力で擦ってしまうと、外壁材自体に傷を付けてしまいますので気を付けましょう。     高圧洗浄   高圧洗浄は業者に依頼して行う事もできますが、ホームセンターや通販サイトなどでも家庭用高圧洗浄機は販売しておりますので、そちらの機械を使用しご自身でも高圧洗浄が行えます。     ※高圧洗浄の注意点 サイディング壁は外壁材の中でも、塗膜が剥がれやすい材質です。サイディング壁にコケが発生し、ご自身で除去する場合には食器用洗剤で柔らかめのブラシなどを使用し、外壁を傷つけないように洗浄しましょう。その他の外壁も、水圧が強くあまり当てすぎると外壁塗膜を剥がしたり、外壁材を傷めてしまいますので、注意が必要です。 コケの発生や再発の予防   コケを絶対に生やさなくする方法はありませんので、ここでは、生えににくくする方法をご紹介いたします。 先ほどご紹介した内容は、外壁表面のコケを落とす方法で、コケは根を生やし生きておりますので、表面だけを除去しても、根本から除去しなければ、すぐに再発してしまいます。   コケを発生させやすい環境を作らない チョーキングが起きてるな、クラック(ひび割れ)ができてるな、色落ちしてきたな、などと、住宅の劣化に気付いたら、まずはお近くの外壁塗装業者に現状を確認してもらいましょう。 もしもコケの発生を発見したら、速やかに除去を行いましょう。外壁材や外壁塗膜の劣化もコケの発生に繋がりますので、住宅全体の定期的なメンテナンスも怠ってはいけません!コケは湿気を好み、陽当りの悪い所が好きですので、一番簡単にできる方法は、そのような環境を作らない事です。不可能ですが、外壁の近くに物置などの物や、植木鉢などを置かずなるべく風通しの良い環境作りを行いましょう。   バイオ高圧洗浄   高圧洗浄だけでは、高い圧力で水を出しているだけなので、材料内部には届きません。住宅にコケが生じ高圧洗浄で対応する場合は、業者に依頼し「バイオ高圧洗浄」で洗浄してもらいましょう。バイオ薬品を使用する事で、屋根材の中に薬品が浸透しコケを根本から除去し、今後の再発を防いでくれるのです。  

2022.02.14(Mon)

詳しくはこちら

現場日記塗装の豆知識新着情報

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

現場日記での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社克栄にご相談ください!

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション