MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > 【常総市・坂東市】シーリングの劣化 常総市・坂東市の外壁塗装専門の克栄

【常総市・坂東市】シーリングの劣化 常総市・坂東市の外壁塗装専門の克栄

常総市・坂東市の皆さんこんにちわ
外壁塗装専門の克栄です。
今回のブログでは、外壁シーリングの劣化の原因と対策方法をご紹介させていただきます。
新築時から数年経ちますと、一番初めに劣化が起こるのはシーリングです。
そのシーリング劣化は、傷み症状により原因が異なります。

 

外壁シーリングの痛みの原因と対策方法

 

新築時から数年経ちますと、一番初めに劣化が起こるのはシーリングです。
そのシーリング劣化は、傷み症状により原因が異なります。

 

 

シーリング材の剝離

原因

・ 3面接着による施工

・ プライマーの塗りムラや塗り忘れ

・外壁の動きにシーリングの強度が耐えられない

 

対策

・ 3面接着の防止として、底部分にボンドブレーカーというテープを貼りシーリングを打つ

・ 次回の打ち替え時、プライマーをしっかり入れる

 

シーリング材の欠落

原因

・ シーリング材の選定不足

・ プライマーの不足

対策

・ この症状が表れるという事は、弾力性が無くスカスカの状態ですので、早めの対応をとる

・ 次回打ち替え時に、プライマーをしっかりと入れ 耐久性の優れたシーリング材を選定する

 

バックアップ材やハットジョイナー(青い下地部分)が見えてしまっている

 

 

原因


シーリング材の厚み不足
シーリング材の厚みが1mm程しかない場合や、ハットジョイナーと呼ばれる下地材がシーリング材の真後ろにある場合など、
明らかに厚みを確保出来ていない、シーリング材の厚み不足。



対策

下地材がシーリングの真後ろにある場合、背の高いハットジョイナーという目地部分に入れる金具を設置してなっているので、
耐久性の良いシーリング材をしようしても根本的な解決にはなりません。
カバー材で覆う、ブリッジ工法でシーリングの厚みを確保します。
シーリング材の厚みが1mm程しかない場合、バックアップ材を入れずに、
ボンドブレーカーというテープ状の材料を貼り、シーリングを打ち込む事で厚みを8mm以上の厚みを確保する。


シーリングの破断

原因


・ シーリング材の寿命 又は 劣化


対策


・ 次回打ち替え時に、耐久性の高いシーリング材を使用する

 

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション