MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > 【常総市】ウレタン防水層の劣化症状 常総市の外壁塗装専門克栄

【常総市】ウレタン防水層の劣化症状 常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ

外壁塗装専門の克栄です。

 

ウレタン防水層の劣化症状

 

本日のブログでは、住宅の防水種類の中でも多く使用されている、ウレタン塗膜防水の防水層劣化症状についてご紹介させて頂きます。

防水層の膨れ

防水層の膨れの原因は、密着工法での施工時において雨が降った次の日などに施工した場合、下地の乾燥不足が考えられます。膨れの予防策としては、プライマーの必要な塗布量を確認し、必要な分をしっかり塗布する。
下地が乾燥するまで施工をしない=しっかりと乾燥した事を確認した上で施工をするという事です。
その他にも、プライマーの塗布不足などの原因も考えられます。
また、建物の揺れや伸縮を繰り返すことにより、最終的に膨れ部分が破けてしまう事もございます。

後は、脱気筒を設置する通気緩衝工法の採用するなど、工事費用は高くついてしまいますが、
膨れが起きない工法に変更するのも一つの手段です。

トップコートの色褪せ・退色


トップコートの劣化は、早期メンテナンスでトップコートだけの塗り替えを行いましょう。
トップコートの塗り替えのみの工事であれば、
費用も安く済み防水層を長持ちさせる事が出来ますので 防水機能が衰える目に塗り替えだけ行う事をオススメいたします。
トップコートは、ウレタン塗膜防水において必要不可欠な仕上げ塗料で、
紫外線に弱いウレタン防水層を、紫外線や加水分解などから保護する役割を持ちます。
そのトップコートが機能を失うと、ウレタン防水層は劣化が促進されてしまうのです。

また、トップコートには様々な種類があり、それぞれランク分けされております。
ですので、皆さんのお住まい地域の環境や 施工を施す場所の環境に合わせて、使用材料を選考しましょう。

水層の破れ

ウレタン防水の耐久性が決まるのは塗膜厚です。
悪徳業者が激安工事を行う場合には、ウレタン塗膜防水材を規定以上に希釈し
薄く塗る事があるようですが、工事終了直後は規定膜厚量を付けた面との見た目の違いは
一般の方には判断出来ないと思います。また、塗膜厚は多く付けすぎると 硬化不良などのトラブルを引き起こしてしまいますので、
ただ単に多くつければ良いという訳ではなく、しっかりと規定量を均一に付ける事が大事です。
むしろ、判断どころか「ウレタン塗膜防水ってこんな感じなんだ」と、疑いの気持ちもないかと思います。
ですが、膜厚が十分についていない場合
下地の動き(建物)の動きについていけず、簡単に破けてしまうのです。

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション