MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > 外壁塗装の弾性塗料について坂東市、常総市の外壁塗装専門店克栄

外壁塗装の弾性塗料について坂東市、常総市の外壁塗装専門店克栄

坂東市、常総市のみなさん、こんにちは!

今回は外壁塗装で使用される弾性塗料について説明していきます。

弾性塗料とは(・・?

弾性力が高く柔らかい塗料です。弾性がない塗料より少し伸びるくらいと考えておけば良いと思います。
また、微弾性塗料は同じく柔らかくやや弾力性を持つ塗料のことを言います。弾性塗料は他の塗料より少し伸び率が良い塗料なので明確な基準はありません。
しかし微弾性塗料は塗料のグレードによりますが弾性が数年でなくなり、最終的に塗膜がカチカチになってしまいます。
塗膜がカチカチになってしまうと弾性塗料の意味がないので注意するべき点です。

 

弾性塗料のほうがいい理由

外壁材がモルタル壁の場合には弾性塗料を使用する必要があり、弾性塗料がひび割れになぜ適しているのかなど知る必要があります。弾性塗料のメリットを活かすためには外壁の種類や外壁の種類ごとに発生しやすい劣化症状を知る必要があります。

弾性塗料はひび割れに強い!

弾性とは外力によって変形したものがその外力が除かれた時、もとの形に戻ろうとする性質です。
ゴム製品をイメージすると分かりやすいと思います。非常に作業性が良い弾性塗料は外壁にしっかり密着するのでその塗膜が建物の防水性能を高めます。
また、弾性塗料を施工時に分厚く塗りますので塗膜が形成した時は分厚い防水層となり水が外壁に当たりにくくなります。
塗料での弾性とはひび割れが発生しそうになっている外壁の動きと同じように動くことを指します。
日々の湿度や太陽光の熱などで伸縮したり地震や強風などで揺れたり動いたりして動いています。
外壁が動いた時、その動きに塗料がついて行けないと塗膜が破れてひび割れが発生します。
しかし、外壁が動いても柔らかい弾性塗料は塗膜自体が伸び縮みするのでひび割れが起きにくいです。
防水性も高くなる
さらに追従性が高くモルタル外壁からひび割れを防ぐことができてひび割れから発生する雨水の浸水も防ぐため、色々な面で高い防水効果を持つ塗料と言えるでしょう。
モルタル外壁の劣化を防ぐ

塗料の中でも耐候性の高いフッ素塗料に関してもモルタル壁のひび割れを防ぐのは困難です。

モルタル壁は外壁材の中でも非常にひび割れを起こしやすい種類の外壁になります。

耐用年数が約20年持つフッ素塗料で塗装を行ったとしてもひび割れが数年後発生してしまうと高い工事費用をせっかくかけた意味がなくなってしまいます。
このようなことから弾性塗料をひび割れが発生しやすいモルタル外壁には使用することがすすめられています。
また、モルタル外壁は雨水などの水分を吸収しやすく吸水性が強いので防水性能が高い弾性塗料が向いています。

弾性塗料の悪いところ

デメリットという点は弾性塗料は耐用年数がものが多いということです。
弾性硬化剤をフッ素塗料に混ぜて使用することも可能ですが、通常のフッ素塗料に比べると耐用年数は落ちます。
そのため、ひび割れ防止を最優先にして弾性塗料使用するか他の耐用年数が高い塗料を使用するかは建物の劣化状態や外壁材の種類に応じて見極める必要があります。

耐用年数を高くする施工方法がある

耐用年数を高めるには施工時に塗料を何層も塗装する必要があります。
それだけ時間と手間がかかるのでそれなりに費用が発生します。
弾性塗料で耐用年数を高める方法もありますが、弾性塗料は分厚く塗装する塗料です。
塗膜が薄くなることで弾性の効果を発揮でなくなるのでひび割れが起きます。

弾性塗料は窯業系サイディングボードの熱が弾性塗料を劣化させる

断熱材が含まれているサイディングボードは夏場は太陽光の熱でサイディングボードが約80℃近くなります。
高温になることで弾性塗料を外壁の表面に塗装を行ったことにより柔らかくなりすぎてしまい塗膜の膨れなどが発生してしまいます。
外壁に膨れが発生すると泡のように丸いブクブクが発生します。

また、塗膜の膨れが発生している部分は外壁と塗膜が密着していませんので塗膜が剥がれたり破れたりします。
サイディングボードはひび割れ防止が不要となります。ゴム質のコーキング材がサイディング目地には充填されています。
サイディングボードはひび割れが発生しにくい外壁材なので弾性塗料を使用してもメリットはありません。
揺れや衝撃が建物に加わっても目地が割れを防ごうとします。
ですので弾性塗料で保護することは不要です。

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション