MENU

坂東市・常総市・境町・守谷市・つくば市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 【坂東市・常総市・つくば市】日本の家の歴史について坂東市・常総市・つくば市外壁塗装専門の克栄

【坂東市・常総市・つくば市】日本の家の歴史について坂東市・常総市・つくば市外壁塗装専門の克栄

2022.03.11 (Fri) 更新

坂東市・常総市・つくば市皆さんこんにちは

外壁塗装専門の克栄です。

今回のブログでは日本の家の歴史についてご紹介させていただきます。

 

世界の人々は今までどのように家を作り上げてきたのか。歴史についてお話していきます。

 

縄文時代  日本人は昔洞窟で暮らしていました。狩りをしていた昔の人々は後から村を作り稲作を始めたり畑の近くに住むようになりました。その頃に地面に穴を掘った、たて穴住居という建物に住んでいました。

弥生時代  弥生時代以降稲作が始まりお米の生産量の違いから身分の差や力の差が出来ました。そのために住む場所や建物つまり住むレベルが変わり高床住居が出来ました。

平安時代  平安京に住む貴族だけが豪華な住まいに暮らすようになりました。大きい板で目的によった所で仕切りながら使っていました。

室町時代  将軍や武士による政治が始まりました。障子や床や畳などを区切りそれぞれが独立をした部屋として使います。

江戸時代  この頃になると人口がとても増えて町家や長屋は瓦や板葺が多く、農家などはワラやカヤを使った屋根の家が多かったそうです。

明治時代  恵まれた人たちによって洋館が建てられ、お客さんをもてなすときに使われ、生活は隣に和風のような住まいが使われていたみたいです

昭和(戦争前、戦争後)  戦争前には、和室を主としている木造の建物になりました。ふすまで部屋が仕切られていた為に個室としても大部屋としても活用していました。戦争後には、仮設住宅・鉄筋コンクリート・マンション・一軒家が出来ました。

現代  省エネの為環境にとてもいい省エネの家が出来ました。太陽の光などを使った太陽光パネルなどを屋根につけることによりとてもいい建物になりました。

日本は昔から家というものがあり年月が経つにつれてとてもいい建物が出来ていることが分かります。

 

 

 

 

 

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション