MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > 【常総市】外壁塗装の色選び 失敗しないコツ!常総市の外壁塗装専門克栄

【常総市】外壁塗装の色選び 失敗しないコツ!常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ

外壁塗装専門の克栄です。

外壁塗装の色選び 失敗しないコツ!

ただ単に、好きな色だけを選択したり カタログだけさっと見て決定しては、後々後悔する事になります。
ですので今回のブログでは、「失敗しない外壁塗装の色選びやコツ」をご紹介していきたいと思います!

外壁塗装の色選びは、洋服や靴などを選ぶときの様に 好きな色や色合いを選んだり、
家具などの色をカタログを見て選ぶというようなものではございません。
外壁塗装後は10年前後、その色のまま過ごす事になりますので、色選びは非常に重要なのです。

 

白・黒は汚れが目立つ

建物の外壁は経年劣化と共に、確実に汚れが付いてしまい 汚れのつく期間が他の色よりも長いので、
汚れが目立ちにくい色の方が良いでしょう。

とても綺麗で落ち着きのある白・黒ですが、この二色は汚れが目立ちやすいため、外壁塗装にはあまり向いていません。

それでも、白や黒が良いという方は、白・黒の中でも馴染みやすい色を選び、
丁寧な外壁塗装を行う業者さんへ依頼することをオススメ致します。
ですが最近は、高級感のある黒色を使った外壁塗装が人気になりつつあり、
塗り替えのタイミングが分かりにくい外壁塗装ですが、汚れが目立つというデメリットを逆手にとれば
「汚れがついてきたら塗り替えのタイミング」というメリットにもなります。

試し塗りをしてもらう

試し塗りというのは、実際にご自身のお家の壁に使用塗料を塗る作業です。この試し塗りは 現在一部の外壁塗装業者さんでしか行われていません。
この作業をしてもらうとなると、その外壁塗装業者さんに工事を依頼すると決定した後でないと難しいですが、
実際にお家に塗ることで、色選びのミスを限りなく抑えることが出来ると言えます。
試し塗りは1㎡以上塗らないと判断が難しい為、事前に外壁塗装業者さんへお願いしましょう。

ですが、もしその様なサービスを行っていない業者さんでもお願いをすれば、試し塗りをしてくれる可能性はありますので、
まずは、工事を依頼する外壁塗装業者さんが決まったら、聞いてみてください。

 

 


周りの景観にも配慮する必要がある

個性を主張するのは、大々的に目立つような箇所ではなく、
何となく目に入るようなワンポイントで、他とは違う色や模様を入れて演出した方が、
後々のトラブルも回避でき、自分だけの特別な住宅を実現出来るでしょう。

個性が重んじる時代ではありますが、周辺のお家が暖色系なのに
自分の家だけが透き通るようなブルー系の色を選んでしまった場合、それだけで景観が失われてしまいます。

青や赤などの原色系は経年劣化で古びて見える

真っ青や真っ赤などの原色系は、経年劣化で色が薄くなるという面を考慮する必要があります。
色が薄くなるという事は、他よりも古びて見えてしまいます。
実際に建物は古くなってきますので、経年劣化と共に古びて見えてしまうのは仕方のない事ですが、
外壁塗装は美観の維持をする為でもありますので、それでは意味がありません。
その為、青や赤などの原色系は避けた方が良いでしょう。

 

 

最初の色選びは大体の系統から選ぶ

 

最初から○○色!と決めるのではなく、○○系のような感じで こんな色の系統も入れたいな、
等と少しぼかしながら色の雰囲気をイメージしていきます。地域のお家を見て回る時、晴れの日や雲りの日という点にも気を遣うと言う事が大事です。
外壁塗装の色は、天気により様々な見え方をするので、天気も考える必要があるます。
また、天気だけではなく、朝・昼・夜と言った時間的な部分も気にして見てみましょう。
初めから、お家と色のイメージをはめていくのは難しいと思いますので、
散歩中や買い物などの出先、仕事の出勤時や帰り道などで、意識しながら他のお家の色合いを参考に 考えてみるのも、実は重要です。

 

色はいくつ使うのか・二色以上にする場合の注意点

 

単色が最も無難であることは間違いないですが、最近では二色を使ったツートンカラーの外壁塗装が流行っています。外壁塗装をツートンカラーで行う場合は、調和のとれた同系色を選ぶか彩度が同じくらいの色を選ぶのが良いとされていて、
更に、二色の割合は6:4か7:3くらいがベストです。
ツートンカラーの場合、色を選ぶ際 「赤と青」という様な、対照的な全く違う色を選ぶことはありません。
それは、見た目が派手になりすぎて 見る側に不快感を与えてしまうからです。

また、二色の境目にアクセントカラーとして、色を一本入れることもあります。
1番割合の多い色がベースカラー、もう一色がアソートカラー、差し色として使う色がアクセントカラーと言います。
外壁塗装の色は、多く選んでも三色が限度とされていて
三色以上使用してしまうと、統一感がなくなり 格好悪い仕上がりになってしまいます。

 

 

住んでいる市区町村に「景観ガイドライン」がないか確認

 

外壁塗装をお考えの方は、一度 お住まいの地域に景観ガイドラインがあるのか、ないのか調べてみましょう。
「景観ガイドライン」とは、良好な都市景観を作る事を目的として、建築物などの形態や色彩などを規制するものです。有名なところだと、通常青色のローソン・緑色のファミリーマートや、その他マクドナルドなども全て、茶色の外観になっています。
例えば 京都の場合、景観ガイドラインが非常に協力なため 日本全国どこにでもあるコンビニや飲食店でも、
景観を損なわないよう外壁塗装の色が指定されています。

もちろん個人住宅も例外ではない為、これから外壁塗装の色を新しく変えようとしても、
お住まいの市区町村がこの景観ガイドラインに定められていたら、思うような色選びが出来ません。

 

面積効果に注意して色見本を見る

 

色見本とは、色と色票番号が書かれた小さな紙を束ねたものです。
その色見本やカラーサンプルを見て、イメージを沸かせたいという方が多いかと思いますが、
その際、気にしなくてはならないのが「面積効果」です。
この「面積効果」というのは、色を塗る面積=色の大きさによって見え方が異なる視覚効果です。
色見本では濃い色に見えていたのに、実際に外壁塗装を行ったら薄く見えてしまうという事が少なくありません。

 

大きな面積に色を塗ると

・ 色合い:強調されて見える

・明度:色が薄く明るく見える

・ 彩度:色が鮮やかに見える

という様に見えてしまいます。

ですので、色見本やカラーサンプルから色選びをする際は、
面積効果に気を付け、外壁塗装業者さんと色についてしっかりと考える必要があります。

 

光源によって見え方が違う

色見本を参考に色決めを行う際、気を付けなくてはならない注意点としてもう一つ、光源を考慮しなくてはなりません。実際に色見本を見る時は、事務所やショールームなど室内で見ることになると思いますが、
室内で見る場合は、蛍光灯の光に反射した色です。
それは、光の源が蛍光灯か太陽かによって色の感じ方が全く別物になってしまうからです。

蛍光灯の下では白色に見えていた色が、太陽光の下では少し黄色っぽく見える、などと言った事がございますので
色見本やカラーサンプルなどを見て、外壁塗装の色を考える時は 室内ではなく屋外で考えるべきだという事です。

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション