MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > ウレタン防水工法紹介 常総市の外壁塗装専門克栄

ウレタン防水工法紹介 常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ

外壁塗装専門の克栄です。

ウレタン防水工法紹介

 

本日は、ウレタン防水工事に伴う工法についてご紹介したいと思います。

ウレタン防水には、通気緩衝工法・密着工法・絶縁工法と3つの工法があるのですが、
まずは通気緩衝工法についてお話ししていきます。

 

 

通気緩衝工法

 

平らで継ぎ目のない塗膜を作ることによって、防水層を作りだします。


通気緩衝工法とは、ポリウレタンの樹脂を一定の厚みを保ったまま均一に流し込みます。

雨が降るなどの上部からの水分をカットしてくれるとともに、膨れの原因となる下地に含まれる水分、

蒸気化した水分、を脱気装置にて外部に排出します。

そのため、安全・安心で信頼性が高くなります。

次は、通気緩衝工法の施工工程についてです。

通気緩衝工法 施工工程

 

1.既存の防水層を撤去し下地の調整を行います。

2.ウレタンの吸い込みを止め、しっかりと密着させるためにプライマーを塗布します。

3.補強用のガラスクロスを張り、ウレタンの強度を高め、改修用ドレンを取り付けていきます。

4.改修用ドレンの鉛部分にもしっかりと、補強用クロスを入れます。

5.通気緩衝シートを床全面に貼り付け、脱気筒を設置し、床面以外の部分にウレタン塗布します。

6.併設する脱気筒が、下地からの水蒸気を逃して、ふくれを防ぎます。

7.ジョイントにジョイントテープを貼って、シートの端もウレタン部分が壊れないように補強用クロスを入れて保護します。

通気緩衝工法シートは、幅が1メートルなので、広い屋上ではジョイント(継ぎ目)ができてしまいます。

8.以上の施工が終わり次第、床部分にウレタンを流し込み最後に、トップコートを塗布し、完了です。

脱気筒は蒸気を逃がすため、水上に設置し(蒸気は上に逃げる為)、トップコートは、ポリウレタンを紫外線などから守ります。

 

 

密着工法

 

 

密着工法は、液体ウレタン塗膜防水材を塗布し、防水層を作って水を防ぐ方法です。

下地の形状に良く馴染み、密着性に優れていますので、既存の防水層の重ねぬりが可能です。

継ぎ目のない施工が可能ですので、仕上がりが綺麗で、複雑な形状のベランダなどでも施工が可能になります。

また、防水層はとても軽いため、建物への負担が少ないのも特徴です。

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション