MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > 【常総市】塗料の重ね塗りについて 常総市の外壁塗装専門克栄

【常総市】塗料の重ね塗りについて 常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ

外壁塗装専門の克栄です。

 

塗料を四回塗りする業者はなにがちがうの?

 

塗り回数は多いほうがいい?

 

外壁塗装を塗る回数は一般的には、下塗り 中塗り 上塗り の合計3回が多いです。中には4回塗る業者もありますが、塗り回数は多いほうが良いのでしょうか?
下塗りとは、壁と塗料が密着するように塗られるベースの下地塗装 中塗りと上塗りは完成時の色で塗る塗装です。下塗り2回中塗り1回上塗り1回の4回塗りでは下塗りを2回することに意味があるのでしょうか?下塗り1回中塗り2回上塗り1回の4回塗りでは、単純に色のついた塗料が3回塗られますので厚みが増すのは素人にも分かります。

 

下塗りを2回することの意味

住宅の外壁材は紫外線や風、酸性雨にさらされています。塗替えをお考えになる7~10年(或いはそれ以上)経った頃には建材自体が弱まっている場合が多くヒビ割れなどで傷んでしまっています。

厳しい環境の中、住宅を守っているのです。新築で建てられた住宅が1年経ち、2年経ち…と時間が経てば経つほど傷みは進んでいきます。

そこで弱まってしまった建材を元の強さに戻すための強化を行うのが1回目の下塗りの役割となります。
高い浸透性の塗料を用いて建材自体に塗料を染み込ませる作業です。

2回目の下塗りは上塗りの耐久性を高めるため、細かいヒビを埋め、しっかりとした防水膜を作る作業です。

この作業を行うことで上塗りの塗料が劣化してきても下地の建材自体のクラックが埋められて防水膜が出来ていますので、雨の侵入を防ぐことができます。
その上で通常の中塗り、上塗りを行いますから耐久性の高い塗膜を作ることができるということです。

下塗りを2回することの意味

厳しい環境の中、住宅を守っています。新築で建てられた住宅が1年経ち、2年経ち…と時間が経てば経つほど傷みは進んでいきます。
住宅の外壁材は紫外線や風、酸性雨にさらされています。

塗替えをお考えになる7~10年(或いはそれ以上)経った頃には建材自体が弱まっている場合が多くヒビ割れなどで傷んでしまっています。

そこで弱まってしまった建材を元の強さに戻すための強化を行うのが1回目の下塗りの役割です。2回目の下塗りは上塗りの耐久性を高めるため、細かいヒビを埋め、しっかりとした防水膜を作る作業です。
高い浸透性の塗料を用いて建材自体に塗料を染み込ませる作業です。
この作業を行うことで上塗りの塗料が劣化してきても下地の建材自体のヒビが埋められて防水膜が出来ていますので、雨水の侵入を防ぐことができます。
その上で通常の中塗り、上塗りを行いますから耐久性の高い塗膜を作ることができます。

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション