MENU

坂東市・常総市の外壁塗装・屋根塗装・防水工事は克栄にお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0297-44-7832 受付時間 9:00~19:00(年中無休)

  • 無料 屋根 外壁診断
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 現場日記 > 外壁塗装工事にかかる人工について 常総市の外壁塗装専門克栄

外壁塗装工事にかかる人工について 常総市の外壁塗装専門克栄

常総市の皆さんこんにちわ

外壁塗装専門の克栄です。

外壁塗装工事費用で職人の人件費が約3割近くしめます。職人の人件費が多くなれば必然的に工事費は高くなりますが、逆に人件費が少なくなれば工事費も安くなります。
今回は外壁塗装工事にかかる人工(人数)についてご紹介します。

人件費を安くするには外壁塗装工事をを簡素化して、職人が5人必要なところを4人に減らして工事を行うようにするなどの削減が必要です。
ですが、不用意に職人の人件費を下げることにより施工不良などの品質低下が発生します。

外壁塗装工事で言われる人工の意味

外壁塗装工事でいわれる職人の人件費ですが人工(にんく)といわれており、外壁塗装工事で必要な職人の人数を単位で計算します。各工程の作業を行うのに職人1人で丸1日かかれば、その仕事量は1人工で仮に10日間かかりましたら10人工です。
5日かかる仕事も職人2人で行えば同じ10人工になります。半日の作業の場合であれば半人工になり、0.5人工などといわれています。
1人工とは1人の職人が1日で作業できる量を表しています。
外壁工事費の人工数は原価計算を行うにあたり必要な数字でこれを計算して見積書や内訳明細書などが作成されます。
工事費は(工事に必要な職人の数)×(作業にかかる日数)×(職人の人件費)になります。
職人1人工あたりの人件費は塗装業者や地域によっても違いがあります。

各工程の作業内容と職人の人数

作業内容に対して職人の数が少なく足りない場合、予定通りに工事が進まず工期が遅れてしまうだけでなく、作業の安全性まで損なわれてしまいます。外壁塗装工事には塗装以外にも色々な工程があります。各工程ごとに必要な職人の人数があり、その必要な人数で工事を行います。
逆に作業に対して職人の数が多すぎますと、人件費が高くなり、その割りに作業効率が悪くなってしまうことになってしまいます。
また、一度に多くの職人を配置しましても工期短縮につながらないこともありますのでご注意ください。

足場組立

一般的に2階建ての一戸建て住宅であれば、1日あれば作業が完了します。外壁塗装工事で一番最初に行う工程が足場組立になります。足場組立には足場材を搬入し、トラックで運搬を行い、足場の組立、高圧洗浄の水や誇り、塗料などが飛び散らないように飛散防止用ネットの取り付けを行います。
すかし足場組立作業には危険が伴います。さらに重たい資材を扱って作業を行いますので安全に組立作業を行うには3人以上は必要になります。

高圧洗浄

高圧洗浄機を使用して塗装する部分を主に洗浄します。しっかりと洗浄を行うことが重要です。洗浄作業は業者によって違いがありますが、1日かけて
洗浄を行ってから塗装面が十分に乾燥するまでは塗装作業を行うことはできません。

下地処理

塗装を行う部分のひび割れの補修や清浄な被塗面を作るためケレン作業を行い、必要に応じてコーキングの打ち替えや増し打ちなどを行います。外壁塗装を始める前に外壁などの下地補修を行います。
既存の外壁の劣化具合や状態によって作業内容が異なりますので、現場の劣化状態により作業を行う職人の人数に差がでます。下地処理に必要な職人の人数はバラつきはありますが3~4程度必要になることもあります。

養生

1~2日以内で終了するように1~2人程度で人員配置を行います。
塗料が飛散しないように窓や玄関ドアなどの開口部、エアコンの室外機、給湯器などの塗装しない部分をマスキングテープやビニールシートなどで被う作業です。

外壁塗装

外壁の塗装工事は特に高所作業が長時間続きますので万が一の転落事故に備えて必ず2人以上で行うルールを決めている業者もあります。それぞれの工程の間には乾燥時間が必要になりますので、1日に多くの職人を配置しましても工期が短縮できるとは限りません。
また、塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが基本です。

付帯部塗装

雨樋、雨戸、破風板、軒天、木部や鉄部などの付帯部の塗装を行います。付帯部といっても全て塗装できる箇所を塗装するとかなり工数がかかります。業者によって塗り回数や塗装箇所が異なりますが、職人の人数は2~3人で作業を行うことが多い工程です。

足場解体

最後に足場の解体を行います。最低でも3人以上で約半日くらいの作業になります。

 

以上が外壁塗装工事のおおまかな工程ですが、外壁塗装の全体的な工期は養生期間を入れて約2週間程度かかるのが一般的です。外壁塗装工事での職人の人数はトータル最低でも15人~20人程度の職人が必要になり人工で表しますと15~20人工になります。
これに加えまして屋根塗装を行う場合にはさらに3~4日必要になります。

職人の人件費は塗装業者によって違いますし、新人やベテランの職人によっても変わってきますので一概に1人工いくらということは言えませんが、全国平均で約13000円~20000円前後です。外壁塗装工事の費用ではその他の費用も必要になります。

手抜き工事に関する注意点

適正な人数が配置できていないと施工不良を起こす可能性が高いということです。外壁塗装工事における必要な職人の人数についてご紹介してきました。
それと同時に手抜き工事をされる可能性が高くなります。
実際にどのようなことを注意すればこのようなことを防げるのかご紹介していきます。

事前に各工程の職人の人数を確認する

優良企業の場合、ご契約される前に外壁塗装工事の施工期間や各工程のスケジュールなどの説明があります。ご契約前などに外壁塗装工事の施工期間や各工程のスケジュール等を事前に説明しない業者には注意してください
その時に工程ごとにどの人数が配置されるのか確認されるのが良いでしょう。

大幅の割引にはご注意ください

外壁塗装には費用相場がありますので大幅に価格破壊を行う業者や相見積の際に他社より安くするという口実で大幅値引きする業者には注意が必要です。ご契約時に大幅に割引をしてくる業者にはご注意ください。
相場よりはるかに安い場合にはそれだけの理由があるからです。
考えられますのは職人の人数を削減しているか工事内容のどこかの工程を手抜きするかどちらかになってきます。

施工期間もご注意ください

職人の人数をご確認されたうえで施工期間を一応、チェックしてみてください。
通常、職人が少なければそれだけ工事の期間がのびます。お客様からしますと工期が早く終了することに越したことはないと思います。
ですが、人数があまりにも少ないのに予定通り工事が終了した場合、何か手抜き工事を行っている場合があります。

職人の数が少ないのにあまりに工事が早く終了することで、それだけ作業が雑になっているということです。
各塗装工程後の乾燥時間を短縮したり、塗装工程を1工程省いたりしてしまいますと施工不良の原因になります。結果的に高いコストとなってしまいますのでご注意ください。

外壁塗装&屋根専門店 克栄へようこそ

株式会社克栄

代表取締役 吉田 克美

はじめまして!ようこそ、株式会社克栄のホームページへ。代表の吉田です。
地域の皆様が、住まいのどんな小さなことでも気軽に相談することができ、末永く愛されるお店を目指して、お店作りをしております。
「一軒一軒、一塗り一塗りに想いを込めて」が、創業当時からの私の信念です。
1級塗装技能士をはじめとした高い施工技術を持った職人による高品質塗装をお届けします。
皆様の大切なお住まいは、一つとして同じものはございません。劣化状況、家の形状、大きさどれをとってに千差万別です。
ですから、100軒あれば100軒それぞれに施工方法や対応は異なってきます。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々にあったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げる、そんな量より品質を重視しているスタイルのお店です。
強いこだわりを持つ少々頑固な私ですが、賛同してくれる従業員・自社職人達と共に、今後ともより一層の精進でもって、一人でも多くのお客様へご満足をお届けできます様、誠心誠意のお付き合いをさせて頂ければと思っております。
お住いに関するどんな些細なご相談でも大歓迎です。
何卒宜しくお願い申し上げます。

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション